良いコンテンツのサイトこそ安定した収集を生み出す
じっくりコンテンツ>どんな広告を入れる?Adsenseそれともアフィリエイト?

どんな広告を入れる?Adsenseそれともアフィリエイト?

コンテンツそのものがソリューションになると…

コンテンツ重視のサイトを作った場合、サイトのコンテンツそのものが訪問者が求めていた情報・解答になっていて、それ以上の情報やサービスを必要としていない、という場合もあります。特に紹介するのに適切な商品がない、といったケースに多々遭遇します。

例えばレシピのサイトの場合。サイトに掲載されているレシピそのものが訪問者が求めている情報に該当するでしょうから、そこからさらに他のサービスや商品に誘導することは難しくなります。コンテンツが豊富であればあるほど、コンテンツ自体でソリューションを提供してしまっている可能性が高くなりますから、広告を入れるのは難しくなります。

まずは Adsense や書籍で

コンテンツに合致する適切な商品が見あたらない場合、とりあえず Google Adsense やコンテンツに関連する書籍などの広告を入れて様子を見ましょう。

Adsense の場合、ASPなどを利用していない企業が広告を出稿している場合も多く、コンテンツに合致した内容の広告がうまく掲載される場合もあります。そうなったらしめたもの。

しかし、コンテンツに合致する広告が全くなく、広告が表示されない、あるいは表示されても頓珍漢であまりコンテンツとは関係がないような広告が表示されてしまう場合も実際にはあります。

そのような場合にはすっぱりと Adsense を落とすか、あるいは Adsense の設定画面でフィルターを作り、表示したくない広告のURLを登録して、その広告が表示されないようにして、再度確認しましょう。それでもだめなら、 Adsense はすっぱりと落とします。適切な広告が表示されないと、サイトの価値を下げることに繋がるからです。

Adsense に限りませんが的外れな広告が出ていると、訪問者が逃げてしまい、広告を入れておいたら逆効果になる、という可能性も否定できません。

ただし Adsense は最近「インタレストベース」という広告も表示しています。これはWEBをブラウズする訪問者の好みを分析して、その好みに合った広告を出す、というものです。これならば、サイトの内容に合致した広告がなくても大丈夫ですが、その訪問者に関する情報を Google が持っていなければ、インタレストベースの広告でも、適切なものは表示されません。

もう一つ利用しやすいのがアマゾンなどの書籍の紹介です。書籍はほとんどどのようなカテゴリーにも商品が存在します。また、自分が作るサイトに掲載してあるコンテンツよりも、より深い情報を提供してくれる場合も多々あります。

例えば私は「小論文の書き方」というサイトを運営していて、サイトで既に小論文やレポートの書き方の重要なポイントは解説しています。しかしそれでも参考書として挙げてある本を買う人が時折います。

Sponsored Link