オートMy Link(マイリンク) Valuecommerceの新機能

最近いろいろと新機能をリリースしているValueCommerceですが、既存の広告をいじるのも嫌で採用していませんでした。しかし、オートMy Linkはちょっと食指が動きました。
この機能は、My Linkを提供しているECサイトの商品ページなどへの直接のリンクを作っておけば、自動的にMy Linkに変換してくれるというもの。自分のサイトに合った商品を見つけてリンクを貼っておけば、自動的にアフィリエイトリンクにかえてくれるのですから、これは手間いらずです。
HTML文のheader部分にJavaScriptを置くだけで対応可能だそうです。
詳しくはValueCommerceサイトの オートMyLinkについてを参照ください。

モバイル ユーザビリティ上の問題が検出されました

Webmaster Tools を使っている人のところには、「モバイル ユーザビリティ上の問題が検出されました」というメールが3月頃に届いているかもしれません。

「このメール、なんだ?」

と思われたかもしれませんが、運営しているサイトが、Googleが推奨するスマホ向けの仕様になっていない、という連絡です。

スマホ向けの仕様になっていないとどうなるのか?4月21日頃から、GoogleではPC向けとスマホ向けとの検索結果の表示順位を異なったものにしており、スマホ向けには「モバイルユーザビリティ」のテストに合格したもの、つまり、Googleがスマホ向けに対応ができていると判断するサイトをより高く評価する、という仕組みに移行しました。

だからと言って、スマホ対応にしていない優良サイトがスマホ向けの検索から一挙に締め出されるわけではなく、サイトの判定を行う基準の一つとして、スマホ対応がなされているかどうかが加味される、ということのようです。その割合は?もちろん外部者にはわかりません。

Google Analyticsで各サイトの訪問者を調べてみると、サイトの内容によってスマホの利用者が8割のところもあれば、いまだにPC利用者が8割のところもあります。スマホ対応の必要性はまちまちですが、ブログなど「読み物」的なサイトであれば、文句なしにスマホ対応にしておいた方が良いと言えそうです。

石の上にも3年

前の投稿で、SEOにはもうあまり意味がない、と書きました。作ってすぐのページやサイトを検索結果上位にあげることは非常に困難です。しかし、面白い現象も起きています。

例えば「街道歩きの旅」。このサイト、いったい何年更新を続け、ページを増やし続けているのか記憶にないのですが、少なくとも5年以上は続けているはず。石の上にも3年どころではないですね。

当初は鳴かず飛ばずだった街道歩きの旅のサイトですが、じわじわと順位を上げ、現在では「街道歩きの旅」で検索すると、Wikiペディアの次に表示されます。

つまり、ある程度しっかりした内容のコンテンツを持つサイトを、継続して作り続けていけば、それなりに検索結果に反映されると考えてよい、ということです。まさに「時は金なり。」

他にも、もう少しアフィリエイトのみを狙ったサイト、つまりは企業から提供してもらったコンテンツ以外にはあまり見るものがないサイトであっても、ある程度のトラフィックを稼ぐようになってきたところもあります。

すべてのサイトが同じように順位を上げるわけではないので、その基準やメカニズムははっきりしませんが、「継続は力」ということだけは言えるようです。

手詰まりのSEO

WEBを使って利益をあげるためには、広告モデルであれ販売モデルであれ、なるべく多くの人にサイトを訪問していただく必要があります。工夫として行うのが検索エンジン対策、つまりSEOです。

しかし、巷に同じようなコンテンツのサイトがあふれ、大手のサイトが肥大化を続ける現在、検索エンジンの上位表示を狙う一般的なSEOでは、もうあまり効果が出ないようになって来ていると思います。

当社が運営しているサイトも、上位に表示されるのはかなり以前作ったサイトばかり。無論、以前作ったサイトのすべてが上位表示されているわけではありませんが、新しいサイトはいくらキーワードなどを工夫してもさほど上位には上がって来ません。

よほどのニッチを狙わない限り、そこには同じようなキーワードで作られたサイトが既にある、というのが現在の状況でしょう。既に、検索エンジンの評価で一歩先を行っているサイトをどうやって抜くことができるか?そちらのサイトでもSEOを考えたサイト作りをしているでしょうから、新たなサイトを使っての上位進出はかなり困難と言わざるをえません。

つまり、SEOが死語になりつつある。まあそれが言い過ぎだとしても、単なるページデザインの一部になってしまって来ていることは間違いがないと思います。

読まれるサイトとスキップされるサイト

当社では50余りのサイトを運営しています。正確な数は、サブドメインやブログをどう数えるかにもよりますからわかりませんが、Google Analytics に登録されているのがおおむねこれ位、ということです。

さて、Google Analytics を使って各サイトの統計値を見てみると千差万別。コンテンツがかなり違いますから当たり前なのですが、それでも傾向として二つに分かれます。

それは訪問者の滞在時間が長く、直帰率が低いサイトと、その逆で滞在時間が短く、直帰率が高いサイトです。

それはつまり、読者の期待している情報・コンテンツがそこにあるかないか、の違いですね。

文章の量が多い、コンテンツが多いサイトであっても、滞在時間が短く、直帰率が高いサイトも存在しますから、単に「良いコンテンツがある」かどうかではなく、「検索エンジンからやってくる読者が探しているものがあるかどうか」がやはり重要なようです。

滞在時間が長いサイトほど、あたりまえですが Google Adsense とか、各種のアフィリエイトでの成果が高くなる傾向があります。広告に気がついてもらえるかどうか、ということなのでしょう。

自分の行動パターンを考えてみればわかりますが、検索をかけて訪れたサイトに自分の探しているものがなさそうだと思ったら、すぐに閉じてしまいます。他に何が表示されているかは気にもかけません。

いたずらにSEOをかけて訪問者を増やすよりも、訪問者がとどまる工夫をする方が、たとえ若干訪問者が少なかったとしても有効である気がします。

電脳卸に成果が残っていた?!

何年ぶりかで電脳卸に面白そうな企業が登録しているのを知り、アカウントにログインしました。最近は電脳卸のリンクもほとんど新設していませんし、古いリンクも消してばかり。もう成果はゼロ円のはず…と思っていました。

ところが、念のために確認して見ると、あれあれ?!換金可能金額が2万円台になっています。いつの間にそんなに増えたの?それに、どのマーチャントから成果が出ているの?

わからないことだらけですが、成果は成果。素直に喜んでおきましょう。

アフィリエイトはじっくりゆっくり 第二版 [Kindle版]のURLが変更

じっくりアフィリエイト」サイトに加筆した電子ブック「アフィリエイトはじっくりゆっくり 第二版 [Kindle版]」のURLが変更になりました。本を登録するのに使ったサービス、Pubooからフォーマットの変更を求められたためで、以前Kindleにアップされていたものがいったんキャンセルとなってしまいました。当然売上げ記録なども消えてしまい・・・少々トホホ状態。

でも今度は、アマゾンからの指示に基づくフォーマットをクリアしていると思いますから、当面は新しいURL http://www.amazon.co.jp/dp/B00IJ0UERC で掲載され続けると思います。

PHP5.4へのバージョンアップ

利用しているレンタルサーバーのhetemlから連絡があり、PHPのバージョン5.4が使えるので移行して欲しいとのこと。現在の5.2はすぐ使えなくなるとか。

そこで指示に従って、PHP 5.4を使うように設定変更してみたところ、以前作ったアフィリエイト用のプログラムからものすごい数のエラーが。PHP 5.3以降では推奨されなくなった関数とかが全部エラーとして表示され、サイトがうまく表示されません。

PHP 5.4のエラー表示設定が、これまたうまく機能させることができなくて、エラーが起きると画面が表示されないという有様に陥り、デバッグも一苦労。うーん。いつになったら修正作業が終了するのか・・・

突然の収入アップ

最近、先月まで鳴かず飛ばずだったあるサイトからアフィリエイト収入が出るようになって来ました。見てみると、広告表示回数もクリック数も先月までは限りなくゼロに近かったのが、若干の表示とクリックを稼げるようになっていました。

言い換えれば、先月までは検索エンジンの検索結果に全く相手にされず、掲載順位が低かったものが、少し上がったのが理由と考えられます。検索3ページ目に掲載されていては、ほとんど訪問者は期待できませんが、2ページ目になれば、若干は期待できる、というような変化でしょうか。

実を言うと、ほとんど成果が出ない状況が数年間続いていたので、そのうちにサイトを閉じるか、広告をやめるか、と考えていたサイトでした。そんな状態でしたから、サイトに手を入れることもなく、放置したまま。つまり、新たなSEO対策を行って掲載順位が上昇した、というわけではないのです。

さてここまでが、検索結果の順位は変動がある、というお話。

もう一つは、検索に使われているのが、どうやら結構ビッグなキーワードであるらしいこと。人気のないWEBサイトは、いわゆるロングテール狙いでマイナーなキーワードでの検索結果上位を狙います。それももちろん一つの手段ではありますが、今回のケースは、結構ビッグなキーワードでの検索結果であり、さほど訪問者数が多いわけではないけれども、コンバージョン率が高い、というのが特徴になっています。

ビッグなキーワードというのは、私のサイトの信用度ではなく、紹介している商品やサービスの信用度でクリックしてもらえる、という特徴があります。もちろんビッグなキーワードでは、検索結果の上位に表示されるのが難しいわけですが、トップクラスでなくても「そこそこ上」の方であれば、検索している人の数が圧倒的に多いですから、物好きな人が訪れてくれる可能性も否定できません。毎日10000人が使っているキーワードであれば、0.1%でも毎日10人、月間だと300人の訪問者が確保できる計算になりますから。

Google Adsenseのクリック収益

Google Adsenseはクリックされるだけで収入になる、パブリッシャー(WEBサイトなどを公開している人)にとっては非常にありがたい仕組みです。通常得られる1クリックあたりの広告料は私の場合、ここ3年間の平均で約40円。ページ表示千回あたりの広告料が約400円となっています。

これはサイトによって大きく違い、最低のサイトではクリック単価が平均15円であるのに、最高のサイトでは平均が76円となっています。ページ表示千回あたりの広告料の最低最高は、それぞれ8円、1200円ですから、サイトによって随分違うことがわかると思います。

1クリック当たりの単価の最低は、実際の広告料から判断して1円であることはわかります。一方、最高額は理屈の上では青天井。でも実際のところはと言うと、私のサイトでは先日1クリック1700円というケースがありました。ただ、これは非常に稀で、通常は1クリックが300円を超えることもかなり珍しいくらいです。