ASPの撤退

現在本業の方で海外出張中。パリの飛行場で待ち時間があまりに長いので、久しぶりのメルマガを書くことにしました。

さて、先日僕が使っていたASPの一つであるNTTコミュニケーションズから、“My”アフィリエイトのサービスを終了する、という連絡がありました。

さらに、DeNAが運営しているビッダーズもサイトを大幅に変更するようで、アフィリエイトを終了する模様。

LinkShareとTrafficGateは久しぶりにチェックしてみたら、しっかり「楽天」という文字がサイトに入れられていて、完全に楽天傘下となっている模様。はて、いつまでそれぞれが独立したサービスでいられるか。

というわけで、予想していたことではありますが、ASPの廃止や統廃合が着々と進みつつある様子。

一方、アフィリエイターの側はというと、アフィリエイトのノウハウを売っているひとのサービスを覗いてみても、彼らがやっているのは、Google Adwords 等を使って広告を出し、そこから自分のサイトへトラフィックを呼び込むという方法。

無論、利益が出ている間はこれでも十分に良いビジネスモデルではあるのですが、こうしたノウハウの販売者が「今月は50万円の売り上げがあった」と通帳の画像を示した所で、広告費にいくら使ったかはわかりませんから、大きな利益を出していると考えるのは禁物。

別に他人のビジネスにケチをつけるために書いているわけではなく、昔のように適当にサイトを作って、検索エンジンで適当に上位に表示されて、そこからアフィリエイトの収入が得られる、というモデルは、プロに近い人たちでも困難になってきている、ということですね。

体力のないASPは十分な利益があげられずに撤退するでしょうし、検索エンジンで上位表示が困難になってきた以上、お金を払ってでも集客する方法が、利益を出すためには確実であることもまた事実。

一方ASPを使っている広告主の方も Google Adwords などの広告は当然使っているでしょうから、アフィリエイターは広告主と直接競争しなければならなくなって来ているわけです。

この意味で、昔のアフィリエイト本に書かれたノウハウは今はほとんど通用しませんし、僕が開発したアフィリエイト用の自動表示ツールも、単にページに商品リンクを埋め込むためだけに使っていては何の効果もありません。というわけで、アフィリエイト用のツールの配布・販売も休止してしまいました。

昔作った商品広告いっぱいのサイトもいくつか残っていますが、そうしたサイトからの売り上げは、全くゼロのところもあるし、全くゼロでないとしても、ほとんど無視できるような成果だけ。合計すればサーバー代くらいにはなって赤字にはならないので放置してありますが。

その一方で息を吹き返したのが一つは Google Adsense。かつては「違反がある」としてアカウント停止を食らいましたが、サイトを作りなおして広告をほとんど落とし、別アカウントで登録したら、今度は Google から文句を言われずに継続できています。

もう一つは、理由は良くわからないのですが、アフィリエイト広告が入っているサイトの特定ページが特定の商品名やサービス名でヒットすることが時々発生し、そうした特定ページのほとんど一つのリンクだけから売上が発生する、という現象です。

こちらもアフィリエイト広告ギトギトのサイトではなく、コンテンツのあるサイトの中に埋め込んだ広告ですが、たまたま検索に使われるキーワードにヒットして利益が出ている模様。

いずれにしろ、きちんとしたコンテンツがあるサイトからの利益、となっています。

後の方はかなり入れ替わりが激しく、ある時には結構有名な旅行会社のリンクから売り上げが出たと思っても2ヶ月くらいしか継続せずに終了。次にまた別の全く違うページがヒットしたかと思うと、こちらも短期間で終了、といった感じ。

コンテンツがきちんとあるので検索結果でそこそこ上位に表示されるものの、競争も激しいので検索結果の1ページ目に引っ掛かったり、そこから落ちたり、ということをやっているのではないかと想像しています。

これと比べると、Google Adsense は結構コンスタント。僕のホームページには「そこそこのキーワード」で上位表示されるホームページがいくつかあります。そうしたホームページに Adsense 広告を掲載しておくと、あまり大きなぶれなく利益を出してくれます。大金はなかなか稼げませんけど、クリックしてくれるだけで利益になるのはやはり大きいですね。

では、今からアフィリエイトをやりたい人、既存のアフィリエイトを立て直したい人にどのようなアドバイスをするかと言ったら、オプションは二つ。

一つはアフィリエイト関連の情報商材を売っている人たちが言うように、GoogleAdwords を使った集客をすること。つまり集客にお金を払うこと、ですね。何しろ自分のサイトに人が来ないことには、何も買ってくれるはずはありません。

もう一つは、じっくりとコンテンツの多い優良サイトを作り上げることです。これ、アフィリエイトを意識して「クレジットカード比較」なんていうサイトをじっくり作っても全く駄目。既に無茶苦茶多くのサイトが競っていますから。

最近少しずつアクセスが上がってきたサイトのネタばらしをすると、「手作りアイスクリーム」。自分でアイスクリームを手作りして、材料や作り方を写真入りで紹介するものです。

以前はアイスクリーム作り器や、アイスクリームの材料などを紹介するページをてんこ盛りにしていましたが、ほとんど効果なく、そうした広告を落としたところ、徐々にアクセスが増えてきました。現在 Adsense の売り上げが月2千円くらい。

もちろん飯が食えるほどの稼ぎはありませんし、このサイトが仮に「手作りアイスクリーム」というキーワードで、検索結果で1位になれたとしても、びっくりするほどの利益は出ないでしょう。それでも、家族で食べるように作ったアイスクリームを記録してアップしておくだけで、月に2千円、年に2万4千円も、放置しておくだけで稼いでくれるのですから。

自分で広告を出して集客するのなら、広告料をカバーできるだけの報酬が高いアフィリエイトをやらないと意味がありません。一方検索結果で上位表示できるサイトを狙うなら、競争の厳しくない、つまり、お金になりにくいカテゴリー・コンテンツを狙わなければなりません。

「ネタを思いつかない」かもしれませんが、要は何でも良いのです。例えば今日思いついたもの。パリのシャルルドゴール空港のターミナル2Eの案内サイト。

なんだそれ?

と思われるでしょうが、これが結構複雑でわかりにくい。そしてこのターミナルは日本とフランスを結ぶ路線が発着するところなのです。

自分で乗り換え経路について調べようと思っても、ろくな情報が日本語では出てきませんでした。とすれば、「私設のシャルルドゴール空港案内サイト」を作ってしまえば良い。強調するのは日本人が最も利用するターミナルです。

まだ手を付けていませんから、どなたかぱくってもいいですよ。

収益はもちろん Adsense を使います。だって訪問者は「情報を知りたい」人であって「商品を探している」人ではないはずですから。たまたま面白そうな広告が Adsense で表示されれば、何人かの人はクリックしてくれることでしょう。

生き残るのは、やはり本

■ 生き残るのは、やはり本 ■

こんにちは。tanzan です。

最近オープンしたサイト、「手作りエコバッグ」 が、Yahoo! で「エコバッグ 作り方」を検索すると、トップページ(の最後)に出てくるようになりました。やはりコンテンツのあるサイトは強い!

広告もまだ入っていないサイトですが、もちろんひそかに人気のエコバッグ商品を紹介する手はずは進めています。

先月は1ドメイン、今月はまとめて3ドメインをオープンさせました。とは言っても、まだほとんど中身がからっぽのところも多いのですが。おいおい紹介していこうかと思っています。

■ アフィリエイト・ニュース・ピックアップ

アマゾン.com がアフィリエイターによるPPC広告での集客を全面禁止。

アメリカのアマゾン、Amazon.com は、Google Adsense や Yahoo! などのいわゆるPPC広告を使い、直接 Amazon.com のサイトに送客してくるアフィリエイトに対して、報酬を支払わないことを通知しました。

日本のアマゾンは、通知という形ではまだ同じ対応を取ってはいないようですが、いずれPPC広告が禁止される可能性はあります。

皆さんご存知のように、すでに数多くのマーチャントは自社名や製品名などのキーワードでPPC広告を利用することを規約で禁止していますので、今後もこうした動きは広がると思われます。

アフィリエイトの売上げが全般的に落ちてきているのは何度も書いています。その中で、売上げが落ちていても、毎日ほぼ確実に売上げを継続しているショップが2つ3つ。その筆頭がアマゾンです。

そのアマゾンも、かつては月に10万円以上あった利益は現在2万円台と低迷。単純に考えれば5分の1に下がった、情けない状況です。しかし、楽天市場の報酬は最盛期の20分の1以下に下がっていますから、それと比べると、「底堅い」と見ることもできます。

さらに最近は、アマゾン一本だったリンク先を、紀伊国屋書店、7&Y、楽天ブックスなどにも広げ、選択できるようにしたところ、数は少ないですが、アマゾン以外で購入する人も出ています。

本の強みは、何と言っても、コンテンツにダイレクトに連動させることができるところ。過去に何度も書きましたが、相当マイナーなコンテンツを作っても、本ならほぼ確実に関連商品があります。

例えばうどんレシピのサイト。地味なサイトですが、このサイトへの訪問者は1日400人ほどもあります。思ったより多いでしょ?「うどんのレシピ」をキーワードに検索すると、さっきやってみたら Google ではトップ、Yahoo! で6位くらいでしたから。

この中でも人気は肉うどんのページです。でも問題は、そこから利益に繋ぐオプションが乏しいこと。

肉うどんの作り方を検索している人が、そこからうどんや肉をネットで注文する、というのは考えにくいことです。

Google Adsense を表示しておいても、内容がぴったり合致するような広告はほとんど表示されませんから、クリックされることは稀です。要するに手詰まり、ですね。

そこで出番は、うどんの本、です。

肉うどんのページで「肉うどんの作り方の本」を紹介しても、検索をかけている人は「今作り方を知りたい」のですから、レシピ本を買ってはくれません。そうではなく、別ページにうどん関連の本を紹介するのです。

つまり、サイト全体の「うどん」というキーワードの延長に、うどん関係の本の紹介ページを作る、という構造ですね。

紹介するのは、アマゾンを中心としたショップのデータですから、紹介ページ自体には特に目新しさはありません。でも、アマゾンのトップページから、リンクをたどって目的とするうどんの本にたどるにはどうしたらよいでしょうか?難しいですよね。

ところが、僕のサイトであれば、トップページからワンクリック・ツークリックでうどんの本の紹介ページに達することができます。と言うことは、肉うどんを探す人には情報はサービスで提供して、サイトのポピュラリティを上げるためと割り切り、別ページに別のキーワードでやってくる人を捉まえやすくする、という寸法です。

「うどんのレシピ」でトップページが検索結果上位に表示されるのであれば、サイトのポピュラリティはまあまあでしょう。

事実 Yahoo! で「うどんの本」で検索すると、「うどんのレシピ」サイトの本のコーナーは1ページ目(最後に試したら2番)に表示されます。さらに「誰でもできる手打ちうどん」という書名で検索しても、順位はもう少し下ですが、検索結果の1ページ目に表示されます。

無論、うどんの本を探す人はさほど多くはなく、このサイトのアマゾンからの利益は、今年の1−3月合計で536円でした。

しかしこれが、もう少しお勉強系のサイトになると、参考書とか教材が売れますから、3ヶ月の合計で収益が3千円とか、1万円を超えるサイトもあります。

そして重要な点は、こうした本の紹介は、さほど注力していないのにもかかわらず、ある程度売れている、というところです。だったらもう少し真剣に取り組んで、紹介する本の数を10倍に増やしたら?単純計算なら月に20万円の利益!悪くないですねえ。今のところ狸の皮算用ですが。

また、僕のところには、以前から書評ブログがあります。これは複数の書き手でジャンルをまたいで書評を書き、アマゾンへのリンクをつけてあるのですが、このブログからの売上げはほとんどゼロです。

有名人のブログならともかく、どこの誰かわからない人のブログで、ジャンルもばらばらで紹介されている本の紹介をたまたま見るだけで「買ってみよう」という気にはなかなかならないでしょう。僕だってなりません。つまり、ジャンルを問わない「書評サイト」を無名の人がやっても駄目、ということですね。

でも、特定のカテゴリーの情報を集めてあるサイトに書いてある書評は違います。訪問者は関連情報や、場合によっては関連の本に関する情報を探しています。で
すから、サイトですべきは「あと一押し」だけ。

僕のサイトで使っているアフィリエイトWEBサービス・ツールは、アマゾンなどから情報を取得して表示するだけですから、そのままでは自分の言葉が入りません。これだけだと「あと一押し」には弱いですから、今後は、できるだけ自分の書評を入れて表示できるように、システムを発展させていこうと考えています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行人:tanzan
URL:http://aff.banabana.com(解除もここ)
I D:0000142925 (まぐまぐ):00175708 (melma!)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

広告を使おう

■ 広告を使おう ■

こんにちは。tanzan です。

最近 TrafficGate がいけませんねえ。なんだか全然成果があがらなくなってきて、以前はVIP待遇を受けていたのに、平アフィリエイターに転落。優良マーチャントとの提携もいくつかキャンセルされてしまいました。

まあ、大した成果が出ていないのでしかたがありませんが。

商品リンクが強いASPやマーチャントからの利益が一般的に大きいのは確かなのですが、それでもなぜか知りませんが相性があるみたいで、

ValueCommerce > 楽天 > LinkShare > アマゾン > A8.net > Bidders

のような順になっています。TrafficGate はこのさらに下ですから…広告はずされても文句は言えませんね。電脳卸も不得手ですが、って自慢にはなりませんね。

■ オーバーチュアとアドワーズ

多分もうご存知ない方はいないとは思いますが、YAHOO や Google には有料で広告を出す、というオプションがあります。いわゆる「キーワード広告」と呼ばれるもので、自分が狙ったキーワードを入札するものです。

Google のアドセンスで副収入を得ているアフィリエイターの方は多いかと思いますが、広告料を払っているアフィリエイターはまだ一部のようです。

これがアメリカなどだと状況は大きく異なり、アフィリエイトの入門書にも、広告を払ったアフィリエイトの手法が書かれていたりします。

もちろん日本でもこの手段は使えます。要はペイすればよいのですから。

例えばあるマーチャントの成果報酬が3000円だったとします。それならば3000円稼ぐためにかかる広告費が3000円以下なら「やる価値がある」ことになります。

例えばページ訪問者の内の1%が購入してくれるとしたら、3000円をかけて100人以上をサイトへ誘導すればよいことになりますから、

3000÷100=30円

1クリックの単価が30円を割れば利益が出ることになります。もちろん30円ぎりぎりでは大した利益になりませんから、これが10円とか20円で実現できれば十分にペイする、ということになります。

この方法、何が良いか?

実は一番のポイントは「自分のサイトが検索結果のトップに出なくても良い」ということですね。だって、その上の欄をお金で買うわけですから。余計なSEOとか考えなくても良いし、サイトを作ってすぐに集客を図ることも可能で、

「早く検索エンジンが拾ってくれないかなあ」

なんて待っている必要はまったくありません。時間の節約にもなる、ということですね。

■ 何の広告を出す?

では何の広告を出すか?以前アマゾンの商品の広告を出している人を見かけましたが、アマゾンの商品では本やCDが主力ですから値段は2千円くらい。報酬を5%だとしても100円です。

だいたい僕のサイトでクリックから購入に至るコンバージョンレートが2%強。ということは100円稼ぐために50クリック必要、ということです。

確かオーバーチュアの最低料金が9円、アドワーズが7円だったと思いますから、100円稼ぐために必要な広告料は350円−450円ということになります。

これでは全然儲かりませんね。

ですから基本的に報酬単価が低いもの、コンバージョンレートが低いものは広告を出しても黒字になりにくいと考えてください。

ですから広告を出して見合うのは、数千円、あるいはそれ以上の報酬が付くものだと考えて良いと思います。これくらいの報酬となると、金融関係とか、出会い系とか、かなり限られてきてしまいますし、広告を使っているアメリカの有名なアフィリエイターは実は出会い系に特化していたりします。

そしてこうした「利幅が大きい」商品の場合、残念ながら、と言うか当然のことながら、と言うか、キーワード獲得の争いも激しくて、最低金額で入札することはできません。

何しろアフィリエイターだけでなく、元々のサービスを扱っている業者さんも競争相手になるのですから。業者さんたちはアフィリエイターよりも利幅が大きいと考えられますから、アフィリエイターはまともに立ち向かっても勝ち目はありません。

そこでアフィリエイターにできるのは、ニッチェを狙ってキーワードを組み合わせる、ということになります。

例えば消費者ローンを狙おうとしても、普通のキーワードでは手が届きませんから、一ひねりするわけです。

テレビコマーシャルで有名なローンも数多くアフィリエイト・プログラムをやっていますから、成約のしやすさを考えると有名どころを狙うのがよいですが、「武富士」なんてキーワードに使っても、駄目なわけですし、第一、こうした商標や企業名を使って広告を出すのは規約違反とされるケースも多々あります。

では「竹富士」ならどうでしょうか。誤変換して検索をかけてしまう人も多いですからおさえておかないと。

あとはコマーシャルに出ている役者さんの名前との組み合わせとか。

「やってみたけど駄目じゃないか!」

とか言わないでくださいね。「例えば」の話をしているのであって、自分では金融関係の広告はまったくやっていませんから。

■ オーバーチュアとアドワーズどちらを選ぶ?

実は自社商品のこともあってオーバーチュアとは契約してみたのですが、管理には結構手間がかかります。ですから、あまりキーワードを多くしたり、ページを多くしたりすると収拾が付かなくなりますし、ましてやオーバーチュアとアドワーズの両方を使うとなると大変でしょう。

僕は現在オーバーチュアだけ試しています。利益は…うーん。厳しいところですね。単にサイトを知ってもらうためだけに出している面もありますから、厳密にコスト計算をしていないのです。

オーバーチュアだけ試している理由は、日本ではまだ Google よりも YAHOO の利用者が多いとされているからです。それ以外には特に理由はありません。

でもみなさんには Google のアドワーズの利用をお勧めします。

なぜかって?みなさんが Google に広告を出せば、僕のアドセンスからの利益が多くなるからです?!

攻めのアフィリエイト

■ 攻めのアフィリエイト ■

こんにちは。tanzan です。

今度の土曜日に予定しているアフィリエイト入門講座ですが、埋まりませんねえ。見栄を張って大きな会議室を予約しなくて良かった。

女房と同時に体を壊してメルマガもここのところサボってしまい、広報に力を入れなかったのがまずかったですね。

「出られないので録画してCDを販売して欲しい」という方が複数いらっしゃいますので、ニーズはあると思うのですが。

駆け込みの申込みもぜひどうぞ。

■ 今日のピックアップ

ウエスタンブーツ

新しいアフィリエイトが始まったので紹介します。ASP は ezAffiliate です。ご覧になればわかりますが、トップページにカウボーイの写真のある、そのままずばりのウェスタンブーツです。

「え?そんなもの人気あるの?」

だまされたと思って試してみてください。

■ 検索エンジンに頼ると…

多くのアフィリエイターがとっている戦略は、きちんとしたコンテンツがあるなしにかかわらず、検索エンジン経由での訪問者を「待つ」という「受身」の戦略かと思います。

僕も例に漏れず、多分利益の9割以上は検索エンジンからもたらされています。

何度も書きますが、これは非常にリスクが高い戦略です。何しろ検索エンジンの順位付けのアルゴリズムが変わる、あるいは自分よりも順位の高いページがいくつか現れたら、利益はがたっと落ちてしまいます。例えば以下を見てください。これは僕の某サイトの今年の状況です。

日付 表示回数 クリック数 報酬合計
2005/01 81,617 16,139 \99,757
2005/02 86,472 16,860 \103,196
2005/03 96,692 19,293 \119,327
2005/04 12,598 1,588 \40,072
2005/05 18,365 548 \12,275
2005/06 53,425 960 \7,077
2005/07 64,782 1,782 \7,283
2005/08 65,383 2,420 \13,792

1サイト10万円を目安にしていますが、今年の初めの段階では達成していたと言えます。ところが、別に何もしていないのに、4月に入ったら表示回数は8分の1、クリック数は10分の1。5月に入ったらクリック数は最盛期の30分の1以下に減ってしまいました。10万円を超えていた利益は1万円を切ってしまいました。

これが、実際には何が起きているかはわからないのですが、検索エンジンに頼っている結果の一例です。

その後6月からクリック数が少し回復してきているのは、広告の数を増やしたためで、クリック数は昔のレベルまで回復はしていません。

検索エンジンに頼る問題は、自分でコントロールする余地が少ない、という点です。SEOと言っても、他のサイトもSEOをやってくるわけですから、自分で工夫して利益を出す、という側面はどんどん小さくなってきています。

コンテンツがある有名サイトでも実は大きく変わらず、多くの人は検索エンジン経由で来ています。

■ 攻めのアフィリエイトへ

そこでこれからは考えて行きたいのが受身ではなく、自分で工夫する余地の大きな「攻めの」アフィリエイトです。

攻め方にもいろいろあって、アメリカなどではオーバーチュアやアドワーズなどのPPC(pay per click)広告を使うケースが多いですが、アフィリエイトの単価がアメリカに比べて低めで、またPPC広告を違反としているマーチャントが多い日本では、なかなか使いこなすのは難しいかと思います。

そして、PPCでは多くの人がなだれ込めば、広告にかける単価が急上昇してしまいますから、利益は次第に薄くなっていくことが予想されます。

そこで考えたいのが、インターネットの原点に立ち返るアフィリエイトです。インターネットの原点とは何かと言うと、「出会い系」ですね。いえ、別に怪しいことをしろ、と言っているのではなくて、必要な人が必要なものと出会う、という意味での出会い系です。

例えば今日のお勧めウェスタンブーツ。僕には一体どのような人が探しているのかぴんと来ませんから「とりあえずページを作っておくか」としかならないのですが、もしある特定の層の人たちがウェスタンブーツを探している、ということがわかっている人がいたら、その特定の人たちにどうやったらアピールできるかを考えて実行すればよいわけです。

逆から考えましょう。例えばこのメルマガはアフィリエイター、あるいはアフィリエイターを目指す人たちに読まれています。そうした人たちの多くには共通したニーズがある、と考えられます。

そこに商品情報を流せば売れる可能性があるわけで、多くのメルマガはそうした目的で発行されています。

「アフィリエイター向けか。じゃあASPを紹介しよう!」

と考えたとしても、実際にはほとんど効果はありません。というのは、多くの読者にとっては別にこのメルマガで紹介されるまでもない情報だからです。

ですから、アフィリエイター向けの商品と言っても「もう一ひねり」あるもの、「へえ、こんなものがあったんだ」あるいは「こういうものが欲しかったんだ!」と思わせるものでない限りはなかなか売れません。

ではアフィリエイター向けに売れる商品、他の人が気が付いていない商品とは何か?実は良く知りません。まあ決定版は見つけていない、ということですね。

でもある商品と、あるグループの人たちとの接点を見つける、そしてその二つをどうやったら結び付けられるかを考える、というのが僕が考えている「攻め」のアフィリエイトです。

ある意味ニッチェマーケットにニッチェ商品を結びつけることですから、超ニッチェ。ひとつの組み合わせだけで大きな利益をあげられる、とは考えていません。ですからあとは、組み合わせをいくつ考えられるか、そしてニッチェマーケットにアクセスする手段があるかどうか、がポイントです。

もし皆さんの中で、生活でも趣味でも仕事でも良いですから、何らかのグループにアクセスがあるとしたら、チャンスは大きいです。