沖縄旅行サイトの失敗

沖縄旅行に関するサイト(ブログ)を作ってあります。記事はオリジナル、実際に自分で旅行した記事で沖縄旅行を紹介しています。

しかし、この沖縄旅行サイトからのアフィリエイトやGoogle Adsenseの売上はほぼゼロ。つまり、サーバー料や独自ドメインの料金も払えない、赤字サイトです。サイト開設後数年が経過していますが、浮上してくる様子は全くありません。

一方、知多半島の紹介サイト。沖縄を知らない人はいないでしょうが、「知多半島ってどこだ?」と思う人も多いことでしょう。愛知県、名古屋の南側の太平洋に突き出した小さな半島のことです。愛知県でも名古屋周辺の人にしか馴染みがない観光地でしょう。

さてこの知多半島のサイト。今確認したらGoogleのページランクはまだ付いていません。つまり、サイトとしての評価はゼロ以下。そりゃそうですね。作り始めたのは1年以内。まだ作りかけで、メニュー項目が並んでいても、コンテンツが準備されていないページが多いのですから。

ところがこの知多半島のサイト、沖縄旅行のサイトよりも既にAdsenseの稼ぎが多いのです。とは言っても、月に200円とかの世界ですが…それでもほぼゼロの沖縄旅行サイトよりは多い!

なぜ沖縄旅行は何年経っても駄目で、知多半島は僅かとは言えサイトを作り始めたらすぐ成果が出て来るのか?

その違いは「ニッチ度」にあると考えています。沖縄旅行は別に僕が作らなくても、旅行会社のサイトも数多く、旅行記をWEBで公開している人も数多くいることでしょう。つまり、サイトの数が圧倒的に多い。ちなみに、Googleで「沖縄旅行」を検索した結果は「約 4,310,000 件」と出ました。

一方の知多半島は、全国的には旅行の目的地としてはかなりマイナー。東京で旅行会社が「知多半島へ行こう」なんて宣伝したり、パンフレットを配っていたりするのを見たことはありません。Googleで「知多半島旅行」を検索した結果は「約 1,610,000 件」と出ました。

「知多半島旅行」でも「約 1,610,000 件」あるところはさすがGoogleですが、検索結果の上位を比べると違いは明らか。沖縄旅行の方は旅行会社など大手のサイトが目白押し。一方知多半島の方は、大手のメジャーなページはなく、マイナーなサイトでも結構上位に入っていることがわかります。

もちろん、僕のつくるようなサイトは超マイナー。検索結果上位に出ないサイトは検索をかける人にとっては存在しないのと同じですから、まずサイトを検索結果の上位に出すことが成果を出す第一条件になります。

昔は「検索する人が多いキーワードを狙おう」で良かったのですが、検索をかける人が多いキーワード、つまりお金に繋がり易いキーワードは、既に大手企業を始め、誰かが上位を押さえてしまっている可能性が高いです。つまり自分のサイトへの訪問者は望めませんから、成果はゼロ。

一方、マイナーなキーワードであれば、大手は儲けが薄いことはあまりしないか、もししていても、サイトのトップページで扱うことはほとんどありません。大手の旅行会社が「沖縄旅行特集」をやることはあっても、「知多半島特集」をやることはまずありません。それをやるのは名古屋周辺の地方の旅行会社位のものでしょう。

ですから、マイナーな情報のサイトを作れば、膨大な数の訪問者は見込めませんが、僅かな訪問者であれば確実に見込める、ということになります。

マイナーなサイトでも月に千円稼いでくれれば年に12000円の収入になります。十分サーバー代の元は取れますし、一万円の収入が手元に残ります。ではこのようなマイナーなサイトを百個作ったら…。年に百万円の収入が期待できます。

もちろん百個のサイトを作るのは容易ではありません。しかし、考えればわかりますが、マイナーなキーワードを100個見つけるのはさほど難しくありません。ちなみに当社では、もう50個くらいのサイト(ブログを含む)を作っています。

サイトの原稿を依頼

こんにちは。tanzan です。

今年初めてのメルマガです。

メルマガには書きませんでしたが、今年早々、15年あまりも維持してきたサイトを一つ閉鎖しました。

元々アフィリエイト専用に使っていたサイトで、最盛期には月10万円の利益をあげたこともありましたが、最近はさっぱり駄目。復活の兆しもないので閉鎖を決めました。

今後も見切りをつけたサイトは閉鎖して行くつもりでいます。

その一方で、最近になって増やしたサイトも3つ4つあります。全部がアフィリエイト向けのサイトというわけではなく、将来物販につなげようと思っているサイトも一つありますが。

これらのサイトのコンテンツは僕が書いているわけではありません。当社の社員が書いているところもありますが、それ以外は地元の主婦の方たちに原稿依頼をして書いていただいています。

原稿料は、図書券でお支払いすることになっていますが、ご希望の場合は現金でお支払いすることもあります。

コンテンツは?まだ内緒です。どこのサイトも最低1ページだけは作り、独自ドメインを取って公開はしていますが、広告はまだまったく入れてありません。

利益モデルは Google Adsense を中心に、コンテンツに合致する広告があれば、アフィリエイト広告を入れて行こうと思っています。

さほど大きな利益が出るとは考えていないのですが、お支払いする原稿料分くらいは、サイトが完成して2年くらいすれば回収できるだろうと思っています。それ以降は、わずかでも利益を出してくれるだろう、という皮算用です。

これ、実は、利益は「損を出さない程度」で、地元の主婦の人たちなどと、僕の会社との間で良い関係を作るため、という意味もあるのです。そしてそれには、顧客の確保という意味もあれば、働き手の確保、という意味もあります。

利益を提供できるところは僕の会社の方から提供して、サービスを利用してもらえるところではお客さんになっていただく。

アフィリエイトは自分たちが直接儲ける手段ではなく、関係を持ちたい人たち自身を市場に繋げる手段として使っているのです。

もちろん、どこかのサイトが大化けして、大きな収入を生み出してくれたら、それに越したことはありませんが。

サイトを一つ閉鎖

昨年末に、今まで15年あまり維持していたサイトの一つを閉鎖しました。まだレンタルサーバー、ホスティングサーバーのサービスが一般的ではなかった頃に開いた、インターネット接続サービス業者が用意したサブドメインとスペースを使ったサイトでした。

このサイトでも、アフィリエイトの売り上げが一番多かった頃は、月平均で10万円余りの売り上げを出していました。

それが現在は売上ゼロの月もあり、多くても数100円。このサービスの使用料が1ヶ月に400円あまりかかりますから、サイトとしての利益はまったく出ない状況に陥っていました。アクセス数は日に数件。ほとんど世の中に存在していないも同様のあり様。

他のサイトはコンテンツをまとめたり、独自ドメインのサイトはコンテンツを変更したりして手を打って来ましたが、このサイトは、アフィリエイト以外のコンテンツがほとんどないサイトでしたし、今後浮上することはなかろうと思いきって閉鎖を決めました。

中国のドメイン登録サービス

ある日、中国のドメイン登録サービス会社から英語のメールが来ました。

「中国のある企業が中国ドメイン(.cnなど)の登録を申し込んできたが、調べてみたらお宅のドメイン名に使われているものだった。現在当社が受けている申し込みは保留にしてある。」

次には別の企業からメール。「貴社が使用しているドメインと重なることは承知しているが、中国でのビジネスに必要なので登録する。」

すると今度は再び中国のドメイン登録サービス会社から連絡。「貴社に優先使用権がある。中国ドメインを取得したいのであればすぐに申し込みされたし。今申し込みしないと、他社にドメイン名と検索キーワードを譲ることになる。」

もちろん「好きなようにさせてやれ」と、丁寧に返事しておきました。

なぜこんな見え透いた手を使うんでしょうねえ。むしろ「今の内に中国ドメインを取得しておきませんか?」という申し出なら「ちょっと考えます」と返事するのですが。しかも「検索キーワード」の売り買いなんてできやしないのに。WEBに詳しくない企業は引っ掛かるのでしょうか。

ドメインを捨てる

■ ドメインを捨てる ■

こんにちは。tanzan です。

今日から1週間ほどカンボジアへ行って来ます。夏休みにアンコールワットの遺跡巡り・・・なら良いのですが、首都プノンペンで缶詰になって仕事です。

実を言うと「遺跡の旅」 というサイトを作っている(というか2年前から停滞している)ので、アンコールワットとかへ行く話しなら、コンテンツになるのですが。残念。

ちなみに現在は、乗り継ぎのためのバンコクの空港です。日本を出て来る前に配信しようと思っていて、ばたばたして忘れていました。

またまたメルマガに登録してスパムを送りつける輩が出てきました。Yahooメールの自動返信機能を利用して、メルマガが送られると発行者にスパムが送信される仕組みです。

スパムの中身はもちろん情報商材の紹介。

短縮アドレスを利用して素性を隠したつもりなのでしょうが、転送先をたどる手段はちゃんとあります。調べてみたら、インフォトップのアフィリエイターのようです。

僕のところへのスパム送信が一番多いのがインフォトップ、次がインフォカートです。

もちろん、インフォトップにはスパムを通報しておきました。さすがに最近問題になっているためか、インフォトップは専用の通報用フォームまで用意しています。

インフォトップ
https://www.infotop.jp/html/contact/ihan.html

他社への通報は、お問合せフォームからどうぞ。

インフォカート
https://esupport.infocart.jp/index.php?_m=tickets&_a=submit

インフォストア
https://infostore.jp/scripts/inquiry/

迷惑メールを受け取ったら、皆さん即通報しましょう。スパム発信が確認されたら、発信者はアカウント停止になります。健全なWEBビジネスの発展を阻害するような人物ですから、僕はこれからも必ず通報します。

なお、以前にも書いた悪質なコピーサイトは ValueCommerce に通報しましたが、退会処分となったそうです。Google にも通報してあり、現在調査中だそうです。

以前、Google に嫌われているアフィリエイト・サイトの話を何度か書きました。ドメインそのものが嫌われていると、下位フォルダーやサブドメインできちんとしたコンテンツを作っても、そこへの集客もできない、という話をしました。

僕はドメイン取得にはもっぱらムームードメインを使っているのですが、1ヶ月ほど前何気なく、欲しかったけど以前は空きがなかったドメイン名の検索をしてみたら、空いている!そこで即ゲットしました。

早速、Google に嫌われているサイトから、まっとうなコンテンツ、つまりは記事中心で、アフィリエイトリンクの少ないコンテンツを取り出し、新しいドメインに移転しました。

古いサイトの方からは、新しいサイトへと自動転送させています。

2週間もすると、旧サイトではまったくなかった Google からの訪問者が現れ始めたのです。

無論新しいドメインですし、どこからもリンクがありませんからサイトの評価はかなり低いと思います。しかし、わずかながらでも訪問者があるのは大きなこと。これから育てていけば伸びる可能性が見えてきたわけです。

では古いドメインは?とりあえずアフィリエイト・リンクてんこ盛りのページへも、Google 以外からは訪問者があるので残してありますが、それすらない場合には「捨てる」こともオプションです。

もし、Google から嫌われているドメインのコンテンツを良いものにすればGoogle からの集客も復活する、というのであれば、維持する方が良いでしょう。何しろ、かなりの時間も経たドメインですから。

でも、アフィリエイト・リンクを外したら、すぐに Google のペナルティが解除されるかどうか、それがよくわかりません。

一番手っ取り早いのは、ペナルティを受けているサイトを全く新しいコンテンツに入れ替えて様子を見ることです。でも、他の検索エンジンからの訪問者があって、多少なりとも利益が出ていると、ちょっとそれをする勇気はでないですが。

僕のお気に入りのメルマガ、SEO塾(まぐまぐID:0000114916)には以前、「サブドメインを作るくらいなら、新しいドメインをとろう」というようなことが書いてありました。

実際にドメインを作るのに必要な費用は、年間千円くらいです。レンタルサーバーは、月額500円くらいのものですから、ドメインは消耗品と考えるのが良いかもしれません。

古いサイトにごちゃごちゃと詰め込まれたコンテンツを分けて、新しいドメインに入れていけば、復活を果たすものも出て来るかもしれませんね。

しばらく運用してみて、それでももし、黒字サイトにならないようなら、その時は思い切って捨てましょう。

いざとなったら、ドメインごとサイトを売る、という手もありますし。