突然の収入アップ

最近、先月まで鳴かず飛ばずだったあるサイトからアフィリエイト収入が出るようになって来ました。見てみると、広告表示回数もクリック数も先月までは限りなくゼロに近かったのが、若干の表示とクリックを稼げるようになっていました。

言い換えれば、先月までは検索エンジンの検索結果に全く相手にされず、掲載順位が低かったものが、少し上がったのが理由と考えられます。検索3ページ目に掲載されていては、ほとんど訪問者は期待できませんが、2ページ目になれば、若干は期待できる、というような変化でしょうか。

実を言うと、ほとんど成果が出ない状況が数年間続いていたので、そのうちにサイトを閉じるか、広告をやめるか、と考えていたサイトでした。そんな状態でしたから、サイトに手を入れることもなく、放置したまま。つまり、新たなSEO対策を行って掲載順位が上昇した、というわけではないのです。

さてここまでが、検索結果の順位は変動がある、というお話。

もう一つは、検索に使われているのが、どうやら結構ビッグなキーワードであるらしいこと。人気のないWEBサイトは、いわゆるロングテール狙いでマイナーなキーワードでの検索結果上位を狙います。それももちろん一つの手段ではありますが、今回のケースは、結構ビッグなキーワードでの検索結果であり、さほど訪問者数が多いわけではないけれども、コンバージョン率が高い、というのが特徴になっています。

ビッグなキーワードというのは、私のサイトの信用度ではなく、紹介している商品やサービスの信用度でクリックしてもらえる、という特徴があります。もちろんビッグなキーワードでは、検索結果の上位に表示されるのが難しいわけですが、トップクラスでなくても「そこそこ上」の方であれば、検索している人の数が圧倒的に多いですから、物好きな人が訪れてくれる可能性も否定できません。毎日10000人が使っているキーワードであれば、0.1%でも毎日10人、月間だと300人の訪問者が確保できる計算になりますから。