手詰まりのSEO

WEBを使って利益をあげるためには、広告モデルであれ販売モデルであれ、なるべく多くの人にサイトを訪問していただく必要があります。工夫として行うのが検索エンジン対策、つまりSEOです。

しかし、巷に同じようなコンテンツのサイトがあふれ、大手のサイトが肥大化を続ける現在、検索エンジンの上位表示を狙う一般的なSEOでは、もうあまり効果が出ないようになって来ていると思います。

当社が運営しているサイトも、上位に表示されるのはかなり以前作ったサイトばかり。無論、以前作ったサイトのすべてが上位表示されているわけではありませんが、新しいサイトはいくらキーワードなどを工夫してもさほど上位には上がって来ません。

よほどのニッチを狙わない限り、そこには同じようなキーワードで作られたサイトが既にある、というのが現在の状況でしょう。既に、検索エンジンの評価で一歩先を行っているサイトをどうやって抜くことができるか?そちらのサイトでもSEOを考えたサイト作りをしているでしょうから、新たなサイトを使っての上位進出はかなり困難と言わざるをえません。

つまり、SEOが死語になりつつある。まあそれが言い過ぎだとしても、単なるページデザインの一部になってしまって来ていることは間違いがないと思います。