良いコンテンツのサイトこそ安定した収集を生み出す
じっくりコンテンツ>アフィリエイト広告の利益とは

アフィリエイト広告の利益とは?

アフィリエイトなど広告の利益は多くの場合、「月額○○万円」というように計られることが多いようです。

スーパーアフィリエイターとかカリスマアフィリエイターと呼ばれる人たちの基準は、アフィリエイト広告による月収が数十万円とか、数百万円とか、金額で設定されることがほとんどです。

ASPも「いくら稼いでいるサイトか」でアフィリエイターをランク付けしていることが一般的です。例えば某ASPでは月に10万円以上稼ぐと、担当者が付き、特別なオファーが提示されたりする仕組みになっています。

さらにアフィリエイト関連の書籍や情報商材のタイトルに謳われているのも「1ヶ月に百万円」とか、ほとんど必ず金額が表示されています。

余談ですが、実は私のところにもアフィリエイト本執筆の話が来たことがありましたが、その本のタイトルには「通算○○円稼いだ」という文言を出版社は付けたがりました。私は読者に誤解を与える表現だと考えてそれを断り、出版の話は流れましたが。

いずれの場合も「アフィリエイト広告でいくら稼いだか」という、金額の絶対値だけを基準にしています。

抜け落ちた情報

でも、本当は「アフィリエイト広告でいくら稼いだか」だけでは全く意味がありません。「1ヶ月に百万円」を稼ぎ出すサイトを作り出すためのコストがいくらで、さらに、「1ヶ月に百万円」を実現できる確率はどれくらいか、という重要な情報、考え方がまったく抜け落ちているからです。

このような「月額○○万円」といったタイトルやコンテンツは、事業とか投資に関する知識や経験がほとんどない人が作っている、と考えてまず間違いないことでしょう。「1ヶ月に百万円」を確実に稼ぎ出すサイトを作るのに必要な資金が5百万円だったとしたら、普通のアフィリエイターにはまずそのようなサイトを作ることはできません。でも、5百万円の投資で本当に毎月百万円を稼いでくれるサイトができるのであれば、1年間で1200万円の売上げ。投資としては相当に良いほうですから、資金を用意できる企業ならば飛びつくでしょう。

しかし実際には、「1ヶ月に百万円」を稼ぐようなサイトは、高額報酬の商品を扱った上に検索エンジンで上位に表示されなくては実現ができません。報酬5千円の商品でも200個売らなくてはならない計算ですから、並大抵ではないことがわかると思います。

もちろん、それを狙った多くのサイトは、検索エンジンの上位に進出することはできず、報酬はほとんどゼロに終わります。挙句の果てに無理に稼ぎを出そうとSPAMを使って、提携解除、というサイトも数多いことでしょう。

「1ヶ月に百万円」というプランが成功する可能性が1%だとしたら、(意味があるかどうかは別にして)期待値を計算しても、100万円X0.01ですから1万円。期待値は1年間で12万円にしかなりません。さて、このような可能性に500万円投資するでしょうか。100回500万円を投資して、やっと1回あたりを引く、という意味ですから、まずほとんど誰もやらないことでしょう。

アフィリエイト情報商材を買うのはお金をどぶに捨てるようなもの

多くのアフィリエイターは、投資している金額は500万円よりはずっと少ないものの、成功する可能性が1%もないようなコンテンツを実際に作っています。宝くじに当たった人の話をいくら聞いても、自分が当たることは、まずありません。高額報酬商品で大儲けした人の話を鵜呑みにしても、自分がそうなれる可能性もまずないのです。その意味で過去の成功者の話が書かれた、特に情報商材などはほとんど参考になりません。「○○円稼いだ方法」なんていう商材を購入するのは、お金を溝に捨てるのと同じことです。

一般のアフィリエイターに重要なのは、アフィリエイトという投資の利回りと安定性です。

Sponsored Link