良いコンテンツのサイトこそ安定した収集を生み出す
じっくりコンテンツ>コンテンツに広告を入れるタイミング

コンテンツに広告を入れるタイミング

広告を入れるのはちょっと待った!

サイトを作ったらすぐにでもアフィリエイトやAdsenseなどの広告を貼って稼ぎたいのは人情というもの。しかし、コンテンツ自体が商品やサービスの紹介になっている場合を除き、コンテンツ重視のサイトの場合には、しばらくはサイトの価値を高めることに勤めましょう。アフィリエイト広告を入れるのはその後です。

広告だらけのサイトはYAHOO!カテゴリーなどに登録してもらえませんし、ナチュラルリンクを受ける機会も少ないと思います。

もちろんこれは程度問題で、あらかじめわずかな広告があるくらいであれば、サイトの価値にはさほど影響はしません。試してみましたが、多少のアフィリエイトリンクや Google Adsense 広告が貼られているくらいであれば、YAHOO!カテゴリー登録でもペナルティにはならないようです。

広告はいつ入れる?

コンテンツ重視の場合には、コンテンツを作る時点で必ずしも掲載する広告や商品を意識したコンテンツにはなっていません。そのような場合には、あまり焦ってアフィリエイト広告を貼るよりも、しばらく様子を見て、アクセス解析などを使い、訪問者が使っている検索キーワードをある程度把握したあとにする方が良いでしょう。

コンテンツが良ければYAHOO!カテゴリーなどへの登録も果たせます。そのようなところにサイトの紹介が掲載されればおのずとアクセス数も増え、いわゆるナチュラルリンクも作ってもらえることでしょう。また、ブックマーク(お気に入り)などに登録してくれるケースも増えてきます。つまり、サイトの評価が高くなる、ということです。

そのような状態になってくると、Google Analytics などでアクセス解析をかければ、どこのサイトからどのようなキーワードで訪問者が来ているかがつかめるようになります。つまり、訪問者が求めている情報がなんであるかが検索キーワードから具体的にわかるようになります。

コンテンツが豊富なサイトであれば、訪問者が使っているキーワードは、ページの中でかなり重要な位置を占めているはずです。ですから、そのキーワードに合った商品やサービスを探して広告を入れれば、コンテンツを損なうことなく、訪問者にとっても利便性が高いものとなります。その時点でどのような広告を入れるかを考えましょう。

Sponsored Link