良いコンテンツのサイトこそ安定した収集を生み出す
じっくりコンテンツ>YAHOO!カテゴリー登録

YAHOO!カテゴリー登録

ロボット検索とカテゴリー検索

検索エンジンには「ロボット検索」と「カテゴリー検索(あるいはディレクトリー検索)」という二つのタイプがあります。

ロボット検索というのは、検索エンジンの側からサイトにアクセスしてきて情報を調べていくタイプで、Google がその代表格です。基本的には一定のアルゴリズムで組まれたプログラムが各サイトの評価をしますから、かなりの部分自動化されたシステムです。

これに対してカテゴリー検索、あるいはディレクトリー検索と呼ばれるものは、まだロボット検索が一般的でなかった頃から使われているものです。一言で言えば「人力でサイトの審査をしてカテゴリーごとに登録する」ということになります。

以前はYAHOO!と言えばこのカテゴリー検索のことを指していましたが、いかんせん、膨大なWEBサイトの増加には人力だけの登録作業では追いつくはずもなく、現在はYAHOO!もメインはロボット検索になっています。

カテゴリーの価値

ところが、検索のシステムの主流はロボット検索になったとは言え、SEO上ではカテゴリー登録がまだまだ大きな意味を持っています。Googleのサイトにすら、検索エンジンでの評価を高める方法として、YAHOO!カテゴリーへの登録を例に挙げているくらいです。

その訳は、カテゴリーは人力での審査が入り、限られた数のサイトしか掲載されないことです。つまり、カテゴリー登録というのは、「コンテンツの格付けサイト」のようなものなわけです。格付けと言っても「登録されるか」「されないか」の二つしか格はありませんが。

Googleをはじめとする検索エンジンでは、サイトのランクを付ける時に、被リンク、つまり受けているリンクを最重視します。有力なサイトからのリンクが、独占的であればあるほど、重要なサイトと判断されます。

超有名サイトであるYAHOO!に選ばれたサイトであるということは、サイトのランクを決める重要な要素の一つになっているのです。

YAHOO!カテゴリーからの訪問

YAHOO!カテゴリーの価値は、ロボット検索の結果において高い評価を得るのに役立つばかりではありません。

私の多くのサイトではかなり長期間にわたってアクセス解析をかけています。その結果を見ると、YAHOO!からの訪問者の中には、ロボット検索、つまりキーワードを使った検索結果からばかりでなく、カテゴリーのページから来ている人がかなりの数含まれているのです。

YAHOO!検索のメインはいまやロボット検索になっていますが、まだまだ旧来のカテゴリー検索を利用している人も少なからずいる、というのが実際のところなのです。

このようにYAHOO!カテゴリーへの登録を果たすことは、得することばかりで何も損をすることはありません。コンテンツ主体のサイトを作ったならば、審査に通るかどうかは別にして、必ず登録にチャレンジすることをお勧めします。商用サイトでない限り、登録審査は無料ですから。

商用サイトの場合は、Yahoo!ビジネスエクスプレスからの申し込みになります。審査料は一般的なサイトであれば、5万円+消費税です。私のところでは、会社のメインサイトを2カ所Yahoo!ビジネスエクスプレスを使ってYahooに登録してあります。

Sponsored Link