中国のドメイン登録サービス

ある日、中国のドメイン登録サービス会社から英語のメールが来ました。

「中国のある企業が中国ドメイン(.cnなど)の登録を申し込んできたが、調べてみたらお宅のドメイン名に使われているものだった。現在当社が受けている申し込みは保留にしてある。」

次には別の企業からメール。「貴社が使用しているドメインと重なることは承知しているが、中国でのビジネスに必要なので登録する。」

すると今度は再び中国のドメイン登録サービス会社から連絡。「貴社に優先使用権がある。中国ドメインを取得したいのであればすぐに申し込みされたし。今申し込みしないと、他社にドメイン名と検索キーワードを譲ることになる。」

もちろん「好きなようにさせてやれ」と、丁寧に返事しておきました。

なぜこんな見え透いた手を使うんでしょうねえ。むしろ「今の内に中国ドメインを取得しておきませんか?」という申し出なら「ちょっと考えます」と返事するのですが。しかも「検索キーワード」の売り買いなんてできやしないのに。WEBに詳しくない企業は引っ掛かるのでしょうか。