マネックス証券

■ マネックス証券 ■

こんにちは。tanzan です。

年末から比べると一部のマーチャントは大幅に売上げが落ち込んでいますねえ。一番顕著なのが高島屋とか、ギフトに強いところ。ギフト時期以外にはがたっと落ちるので、何か工夫しないといけませんね。

でもこれは単に時期の問題だけではなく、Google の動きなども影響しているようです。まず以下のブログをご覧ください。ママアフィリエイターの会のブログです。

http://mama-affiliater.net/modules/wordpress/archives/238/#comments

Google の検索順位が下がったことが書いてありますが、実は、よく似た嘆きは最近あちらこちらで目にします。トップクラスのアフィリエイターの方のサイトでも同じような現象が起きています。

もちろん僕のサイトも例外ではなく、商品情報をメインにしているところは、特に Google ですが、検索結果からの来訪者の数がすごく落ち込んできています。

これで打撃を受けているのは、楽天市場やアマゾンと言った、商品リンクの作りやすい、したがって、商品リンクばかりやたらと作ったサイトですね。まあ確かに Google に「存在価値の低いサイト」と判断されてもいたし方はありません。Google はどうやら過度のSEOやアフィリエイトを排除する方向を強めているようですね。

YAHOO や MSNが独自の検索エンジンに乗り換えてくれていてよかった…。

なんてほっとしてばかりはいられません。何しろ他の検索エンジンも追随する可能性も否定できないわけですから。各検索エンジンはWEBページの重要度を測るアルゴリズムの開発にしのぎを削っています。これからは、「価値あるサイト」を先に構築するのがアフィリエイトで成果を出すための早道になることでしょう。

今まで「スーパーアフィリエイト」と呼ばれていたような人たちだってうかうかしてはいられません。何しろ、ある日突然検索エンジンのアルゴリズムが変わるだけで、あっという間に収入が激減する可能性があるのですから。これからは小手先のSEOではなく、サイトの作りこみに力を入れましょう。

さてそれはともかく。

アフィリエイト・マーケティングそれ自体は、僕ら一人一人の収入が上がろうが下がろうが関係なく、今後も伸びていくものと考えています。非常に合理的なマーケッティングの手法ですから。

「そうは言っても、わたしゃ自分が儲かりたい」

というあなた。自分のホームページで儲けようとせずに、アフィリエイト業界から儲ける手段もあります。それが「株」です。

さてそこで株の取引をはじめるには証券会社の口座が必要!

★☆★☆★マネックス証券 ☆ 新規口座開設キャンペーン実施中★☆★☆★
マネックス証券でオンライントレード口座を開設し3万円以上入金した方に
┏★┓
┣╋┫現金3000円を、もれなく無料プレゼント(キャンペーン期間2006年4月28日まで
┗┻┛
 http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=U2NVU+4QVIHE+I0C+62ENN

「・・・」

皆さん、引っかかりませんね。そう、アフィリエイター向けのメルマガのいやなところ?は、みんなこちらが出す宣伝がアフィリエイトだとわかっているので、ほとんど誰もクリックしてくれないのです。

別に上のリンクからマネックス証券の資料請求をしてくれなくても結構ですが、ちょっとアフィリエイト関連の株を見てみましょう。約1年前との比較です。

ライブドア ・・・ 当面忘れてください。
楽天 10%くらい値上がり。
DeNA ビッダーズの運営会社ですが、60%くらい値上がり。
ファンコミュニケーションズ A8です。ここは上場したばかりですが、20%
ほどの値上がり。
一休 ここも上場したばかりですが、底値と比べると50%くらいの値上がり。
千趣会 60%の値上がり。

もちろん株式市場全体が上げ相場にありますから、単に上がった、というだけでは良いパフォーマンスなのかどうかはわかりませんが、多くのアフィリエイト関連会社は市場の動き以上の高いパフォーマンスを出しています。

どの株が良いかって?さすがに「これ!」と言ってしまうのは難しいですが、二通り考えることができます。

ひとつは、自らアフィリエイト・プログラムを提供している会社。ファンコミュニケーションズなどが代表ですね。でも上場しているASPは非常に少ないのです。DeNAはアフィリエイト2.0で他社にもアフィリエイトを提供し、ASPの一角にも入ることになりました。

こうしたASP関連は、アフィリエイト・マーケッティングが伸びれば伸びるほど業績が期待できます。

二つ目は、アフィリエイト・プログラムを利用して自社の売上げを伸ばしているネットショップを経営する会社。これは数多いですね。

ASPでもネットショップでも、あまり規模が大きな会社になると、アフィリエイトの成果が会社の規模に埋もれてしまって株価に影響が出にくくなります。例えばソニーもアフィリエイトはしていますが、ソニースタイルや他の関連サイトでの売上げが多少伸びたところで、ソニーの株価への影響は微々たる物でしょう。

ということは、「上場している」「アフィリエイトでの売り上げ増が業績に直結する」というような会社を探し出して株を買えばよいことになります。

ということは…元々通販を主体にやっている会社なんかはねらい目ですね。ネットショップは実店舗と違ってオーバーヘッドが少なくて済みますし、アフィリエイト広告は基本的には成功報酬ですから、キャッシュフロー的にもグッド。

もちろんインターネット上では、いわゆる「勝ち組」「負け組」が明確になる、という傾向がありますから、勝ち組企業を押さえなくてはいけません。

「株なんか、やらないよ!」

まあそんな食わず嫌いはやめましょう。株を持つ、ということは、本来博打を打つのとは違って、会社のオーナーになるということ。ある会社に興味を持っていろいろと見てみると、ただ漠然と一消費者として見ているのとは違った目線を持つことができます。

僕はファンコミュニケーションズは株価が高すぎて手が出ませんでしたが(最近分割したようなので手が届くかも)、DeNAの株は去年買いました。なぜかと言うと、bidders 関連の方たちと連絡を取ったら非常に対応が良くて早かったからです。こうしたレスポンスが速い会社は、きっと問題に取り組む姿勢や能力が良くて伸びるだろう、と判断したのです。

これは投資家としての視点よりも、アフィリエイターとしての経験からまず判断したものです。

皆さんもご自分のアフィリエイターとしての経験から、おいしい株、見つけてみませんか?