まともな「情報商材」

■ まともな「情報商材」 ■

こんにちは。tanzan です。

このメルマガではあまり情報商材などの紹介をしていません。というのは、多くの情報商材はどちらかと言うと「速く沢山儲ける」ことを狙ったマーケッティングやWEBのテクニックに関する情報がほとんどで、このメルマガのように、「息長く、無理をせずに」というのとはコンセプトが違うからです。

でも今回は禁を犯して情報商材の紹介をしましょう。以前にもチラッとだけ触れたことがあります。

月収100万円を超える3人が徹底解説!
「スーパーアフィリエイターの超実践テクニック集」
初級編、中級編、上級編の三つですが、この情報商材、二つの点ですごいです。

それは「一攫千金ではない、まっとうなアフィリエイトのノウハウ情報であること」と、「中級・上級編が作られていること」です。

世の中にアフィリエイトのテクニックを売っている人は最近かなりいますが、その多くは「急いで利益を出すこと」であることが多いです。こうしたノウハウは目を引きやすいですから、いわば「売りやすい」商材です。「そんなに早く沢山儲かるなら」と考えて、15000円とかの情報商材を買う人ももちろんいることでしょう。

でも、この商材はそのようなキャッチーなところはありません。タイトルは「月収100万円を超える3人が」で、書いた人たちの月収が100万円を超えると言っているだけで、「この商材を読めばあなたの月収も100万円を超える」と思わせぶりに宣伝しているわけではありませんから。

また現在流通しているほとんどの情報商材は、ネットで検索すればどこかで見つかるような程度の情報であったり、あるいはワンポイントの技であったりで、「目からうろこ」ということはあまり、ありませんでした。つまり多くは数千円とか数万円を払う価値のある情報ではない、ということですね。ちょっと調べる手間をかければ見つかる情報です。もちろんお金を払って時間を買う、という考え方はできますけど。

一方アフィリエイト関係の本を見てもらえればわかりますが、やはりその多くは初心者を対象としたものです。なぜかと言うと、中級者・上級者用の本のニーズがないのではなく、きちんとしたノウハウで利益を出して、本をかけるほどの上級者と呼べる人たちが本当は少ないからだろうと思います。

初級者向けの情報はちょっとアフィリエイトをかじった人なら誰でも書けますし、その証拠に初級者向けの情報を書いて集客を図っているアフィリエイト情報サイトは昨今ゴミのようにあります。いや、白状すれば僕自身最初に考えたのはその線だったんですけどね。ただ大方のアフィリエイト情報サイトよりも古い、というだけで。

皆さん、いまさらそんなサイト作っても、利益は出ませんよ。ずっと前からそんなサイトはやめましょう、と繰り返し言っていますけど。僕のアフィリエイター向けサイトでもほとんど利益なんて出ないんですから。

それはともかく。では中・上級向けの情報はどこに?

となると、難しいのです。

僕自身も「アフィリエイト講座で中・上級向きのコースをやらないのですか?」と聞かれることが結構ありますが、まず情報としてまとめるのが難しい。そして、僕が使っている方法が誰にでも使えるかと言うと、そうは行きません。

僕は僕のプログラミング・スキルであるとか、昔からある高評価サイトのカテゴリーに依存している部分が多々あります。ですから、「僕はこうやっている」と書いたところで、皆さんには同じ分野でページランク5以上のサイトをまず作る、なんていうことは非常に困難なのです。

この商材は、優秀なアフィリエイター3人が集まって書いている、というところがひとつの大きな利点だと思います。僕一人ではとてもこの商材にあるようなポイントをカバーすることはできません。多分、どのアフィリエイターをとっても一人では無理でしょう。一人分の経験は所詮一人分でしかないのです。三人寄れば文殊の知恵、とはよく言ったものです。

さて、この商材を紹介しようと踏み切ったきっかけはこちら
http://www.affiliateportal.net/archives/2006/05/100_8.html
アフィリエイトポータルネットで紹介されたからです。こちらからも販売ページに入れますから、利用されても全然かまいません。

ここでコメントを書かれているあびるさんは、今でも最も優れたアフィリエイト本のひとつ「アフィリエイトでめざせ!月収100万円」の著者ですが、この人が取り上げる、ということはそれなりの価値がある、と考えて差し支えありません。ほめ言葉の安売りはしない人ですから。要は安易に成功報酬が高い情報商材を売らなくても良いレベルの人、ということですね。

稼ごうとぎらぎらしていない人の言葉は信用できます。要はアフィリエイターにも「品格」がある、ということでしょうか。

この商材があちらこちらの「まともな」ブログなどで「良い」と書かれているのは見ていましたが、本当のトップクラスのアフィリエイターであるあびるさんが評価されていますから、「これはメルマガでも取り上げるべきものと考えて良い」と判断したわけです。

さて、この商材、初級、中級、上級に分かれていますが、僕自身は皆さんに上級編から読まれることをお勧めします。え?逆ですか?でも例えば

サイト作成技 「もっと効率的にアフィリエイトする!」

という内容は上級編に入っています。

成約率UP 「お客様の視点に立ってもっともっと成約率を上げる!」
お客さんに買ってもらには? 「売れるキャッチコピーと体験談の秘訣!」

これらも上級編。でも、これらはとても大切なことで、本来初級だろうと上級だろうと、重要性には変わらない内容が上級編に盛り込まれているのです。

効率的に、初級者の時からサイトを作成できればそれに越したことはありません。後々かなり時間の節約になることでしょう。ひょっとして今使えなくても、どのようなノウハウがあるかを知っているだけでも、その後のステップが変わってくるでしょう。

「初心者だから初級編から…」

なんて思い込みは捨てて、上級編から入りましょう。ひょっとしてわからない内容があるかもしれませんが、そんなものはとりあえず後回しにして、使えるエッセンスを吸収しましょう。

この商材の良いところは、何度も書きますが実にまっとうなノウハウがまとめられている点です。上級編だからと言って「アマゾンWEBサービスをPHPで使うには」なんていう、アフィリエイターの中でもほとんどわかる人がいないようなマニアックな内容にはなっていないからです。

はい、以下はもちろんアフィリエイト・リンクになっています。このインフォストア、自分でアフィリエイター登録して自分で買っても報酬付きますから、どうぞご自由に。自分用のリンクから買ってみて、自分でコメントを書いて自分のブログで売る、なんていうのも良いかも。

当社のツールもここインフォストアで販売していますから、登録するならついでに当社のツールも売ってくださいね。

月収100万円を超える3人が徹底解説!
「スーパーアフィリエイターの超実践テクニック集<上級編>」

月収100万円を超える3人が徹底解説!
「スーパーアフィリエイターの超実践テクニック集<中級編>」

月収100万円を超える3人が徹底解説!
「スーパーアフィリエイターの超実践テクニック集<初級編>」

しかし、先にこうした商材出されちゃうと、後がやりにくいですよね。だってメルマガに同じようなこと書いたら、商材を読んだことがある人は

「あれ?ここはあの商材のパクリじゃないの?!」

なんて思ってしまうかもしれません。

というわけで、僕の方はマーケティングの本と、英語で書かれたアフィリエイトの本を取り寄せているところです。

ついでに僕が考えているアフィリエイトの上級者とは何か、を書きましょう。

まず、当たり前のことながら、ある程度以上の収入があることですが、重要なのはそれを「継続して得ること」です。ポイントは継続ですね。多くの情報商材が扱う「一攫千金ノウハウ」は、一時の利益が大きいですが、継続性があまりありません。

それこそ情報商材を作っている人自身、その情報商材が古くなったらまた新たなヒット商品が作れない限りは一発屋で終ってしまいます。情報商材で継続していける人は、多分、アフィリエイトで継続していける人よりもっと少ないでしょうね。何しろアフィリエイトは他人の作った良い商品を売れば良いですが、情報商材は自分で良い商品を作れないと続けられませんから。

「一ヶ月で100万稼いだ!」

とうたっている人。そんな人たちのどれだけが1年以上継続して100万稼いでいるでしょうか。単発的なヒットではなく、長期間継続して成果を出し続けられる人が上級と呼べるでしょう。

そして上級者は常に「次の手」を考えています。工夫を重ねています。ルールやマナーは守っています。

僕はアフィリエイトは一攫千金ではなく、積み重ねだと思っています。積み重ねの結果として、そこそこの利益を継続して得ることができる仕組みが出来上がります。

僕は会社としての楽天やビッダーズ(DeNAという会社)には興味を持っていて、楽天は高くなってしまって買えませんでしたが、今DeNAの株式は持っています。でもライブドアには興味を持てませんでした。

その違いは、楽天やビッダーズが利益を継続して得ることができるような仕組みをこつこつと(と言ってもそれまでのビジネスに比べると速度は速いですが)作り上げているのに対して、ライブドアは長期的に利益を得続ける仕組みが見えなかったからです。

「tanzan さんは安定志向なんですね」

と思われるかもしれませんが、実は僕は人生の中で一度も就職したことがありません。昨年アフリカから帰ってきて会社を作りましたが、それまではずっと契約ベースで、あったり、なかったりする仕事をして生きてきました。30歳を過ぎてからでも丸1年プータローだったり。その意味ではかなりリスキーな人生で、

「『フリーター20年』という題で本を書かないか?」

と出版社から言われてしまったくらいです。

「金持ち父さん貧乏父さん」というベストセラー本があります。多分読者の中にも読まれた方は多いと思います。この本の著者が言っているのは「ファイナンシャル・フリーダム」ですが、まあ経済的に困らないようになること、ですね。ポイントは「フリーダム」で、お金にわずらうことがないようになること、です。これは別に「大金持ち」になることとは違います。

この本の筆者が強調しているのは「継続したキャッシュフロー」です。つまり、今月100万儲けるかどうか、ではなくて、「毎月20万ずつ半永久的に」利益を生み出す源を手に入れることが重要、ということです。

情報商材で取り上げられる「速く儲かる」方法は、結局のところ、自分が金を稼がなくてはなりません。商材を作って、メルマガを発行して、広告を打って、などなど。時給ベースのアルバイトよりはずっと効率が良いですが、それでも自分が働いて稼いでいることにはかわりありません。だから、途切れたら、おしまい。良い情報商材でも、ロングセラーの小説とは違って、かなり速い速度で情報としての価値を失います。

逆に、オーソドックスなWEBサイトに広告を掲載するアフィリエイトの良いところは、自分でがむしゃらに働かなくても「サイトが自分のために働いてくれる」ところです。重要なのは「自分のために働いてくれるサイトを作り上げること」であって、今月がむしゃらに100万円稼ぐことではありません。

アフィリエイトの上級者というのは、こうした自分のために働いてくれるサイトを作り上げることに成功した人と言えるでしょう。それは積み重ねの結果であって、ただひとつのノウハウどおりに商材を売って得られるものではありません。

情報商材によく書いてあるのは、「メルマガを使った販売」ですが、僕のメルマガに関して言えば、時々紹介する商品の売上げ程度では、書くのにかかる時間の単価を取り戻すことすらできません。要はメルマガで儲ける気がないんですね。

なぜせっかくのメルマガをもっと利用して利益を出そうとしないのか。その必要がないからです。僕が楽しんで原稿を書いている間にも、WEBサイトが働いていてくれるからです。

「どうやったらそんな状態になれるのか」

僕がアフィリエイトを始めたのは1997年、もう9年も前です。9年間サイトを作り続けてきた結果です。

もちろん現在では、ノウハウが揃っていますから、もっと短縮することも可能でしょう。その一方で昔より競争が激しくなっていますけどね。

ブログが一般化する前、そしてアフィリエイトを目的としたサイトがこんなにも多くなる以前のこと、ある友人が「何を検索していてもお前のサイトに行き当たる」と言ったことがありました。まあそれは大げさで、彼と興味の範囲が近いのが一番の理由だとは思いますが、それでもかなりの幅の情報を以前から扱っていたことは確かです。それが9年間の厚み、ですね。

このメルマガの読者数はずっと3千弱で止まったまま、一時3千を超えましたが、すぐに2千台に戻ってしまいました。「ネットで金儲け」系のメルマガなら万を超える読者があるものが結構ありますから、僕のメルマガは読者数では全然かないません。

でも、僕が繰り返し書いていることを飽きずに読んでくれている3千人弱の方は、きっと一攫千金よりも長期戦でものごとを考えておられることでしょう。わずか3千人です。これくらいの人数なら、みんなが儲けるチャンスはあります!時間さえかければ。