サイトの売買

■ サイトの売買 ■

こんにちは。tanzan です。

今日はちょっと違った話を書きましょう。

まずこのブログを見てください。
http://sitecatcher.noblog.net/blog/c/10146240.html

「ブログが売れた」

という話が書いてあります。それもそのはず。このブログは、サイトの売買を扱う会社のものなのです。

「サイトの売買?」

なじみがないかもしれませんが、サイトというのもいわばインターネット上の不動産のようなもの。URLがお店やマンションの住所や番地と考えれば、大きな違いはありません。

ドメインの売買、というのは以前から耳にしていましたが、ドメインは何も建っていない更地のようなもの。ドメインを取得するだけでは土地の上に何もありませんから、そこに何を建てるか、どれだけの収益が出るかはわかりません。

一方サイトの売買というのは、ある程度コンテンツもある、いわば土地と建物、あるいはそこにあるお店を丸ごと売り買いすること。場合によっては付随するメルマガなども一緒に売買されています。

これなら、空っぽのマンションを買っても、最初から建てる(サイトを構築する)必要がありませんから、すぐに集客が始められますし、既にお客さんが来ているお店があれば、すぐに収益が出せます。

そう、ドメインだけ手に入れるのに比べると、はるかに早くサイトの運営、そして収益へと結びつけられる可能性があるわけです。

そして注目してほしいのは、最初に戻り「ブログが売れた」という点。なんとこの話のブログは80万円で売れたそうです。

多分無料のサービスを使ったブログではなかろうかと思いますが、そのようなブログであっても売れる!しかも高額で!ということです。

これは、皆さんのようなアフィリエイターにとって何を意味するか。

ひとつは

「じゃあ、手ごろなサイトがあったら買い取って、自分のアフィリエイトコードに入れ替えて早く収益を上げよう!」

というオプション。

もうひとつはもちろん、

「昔作ったサイトに最近手がかけられなくなっちゃった。誰かに引き継いでもらえれば…さらに売ってお金になるならば!」

というもの。多くのアフィリエイターは売り手にも買い手にもなれるわけです。

実際、最近は新しいサイトを立ち上げて検索エンジン上位に表示されるのは容易ではありません。Google などでは新しいサイトは1年間上位に表示しない、というポリシーを持っているそうですし。

ですから、仮にあまり有効に使われていなくても、昔からあるサイトを買い取るには時間短縮というそれなりの意味がありますし、もし手元に、あまり使っていないサイトがあるのならば、さほど収益を上げていなくても価値がある、ということになります。

「いくらくらいで売買できるの?」

ではこちらのサイトを見てください。

サイトを売りたい方、と書いてある下に査定用のフォームがあります。ここに月間売上げ(アフィリエイトの場合は収入)、月間経費、月間ページビュー数、URLなどを入れてボタンを押すと、査定価格が出る仕組みです。

どのような査定方法をとっているかは知りませんが、サイトのコンテンツを見ているわけではなく、現時点での収益や訪問者数が多ければ多いほど高額、という仕組みで、多分利回りを計算しているのではないかと想像します。

利回り、というのは、アフィリエイトの利益(収入−支出)が月に1万円あるなら年12万円。このサイトを60万円で買ったとしても、利回りは20%になるわけです。

この低金利時代に20%の利回りが得られる商品なんてそうそうありません。だからサイトが売買の対象になるわけですね。

ちなみに僕の月収10万円くらいのサイトで、200万円前後の値段が付きました。これだと利回り5%くらいで計算されているのかな。ちょっと高すぎる気がしますね。

月収5千円のサイトのほうは 74,400 円 〜 111,600 円という査定。これくらいだと何とか手が届くかな。でももっと安くても良いですよね。

こうしたサイトを売買できるサービスは数社が提供しています。「サイト売買」で Google などで検索をかけると出てきます。中には立ち上げたばかりで、販売されているサイトがひとつもないところもありますが…。

でも、サイト売買サービスを見てみると、サイトの値段が高い!ちょっとしたサイトでも数十万円はざら。確かに利回りから考えればそれくらいが良いのかもしれませんが、法人が買うならともかく、元手がいらないからとアフィリエイトをやっている人がおいそれと買える値段ではありません。

たまに「ブログが1万円」なんていうのがないわけではありませんが、例外です。まあサイト売買サービスは、比較的筋が良いサイトを持っている人が

「売り払って一攫千金じゃあ!」

という場合に利用することになるかと思います。「サイトを安く買い取って、アフィリエイト収入を上げたい」という人には向きません。

あと、サイト売買サービスで思うのは、実際のサイトのURLが公開されていないこと。サイトを確認するためには、ユーザー登録をしたり、利用料を払ったりなど、結構面倒かつ負担があります。

僕自身、現在運営しているサイトに近いコンテンツのサイトがあれば、買おうかという気もありますが、有料のユーザー登録をしてまではちょっと…。

というわけで、勝手にサイトの売買コーナーを作ってしまいました。

「サイトを売りたい」「サイトを買いたい」の両方が登録できます。また、「ブログ」と「サイト」というわけ方がしてあります。

売買の登録をするには「アフィリエイトの達人」サイトにメンバー登録する必要があります。これはいたずら防止のためで、メンバー登録されても、変な売り込みメールが来るとかいうことはありません。

売買情報の登録には希望者からの連絡を受けるためのメールアドレスなどの記入が必要になりますから、できれば普段使っているアドレスは避けて、無料のアドレスなどを取得して登録してください。

掲載期間は60日が最高で、それを過ぎると自動的に消去されますから、必要なら再度登録してください。

もし60日以内に売買が成立したら、情報を消去してください。そうしないと続けて申し込みや問合せが来る可能性があります。

サンプルとして「買います」情報を掲載しておきますので、参考にしてください。

え?本当に買うのかって?もし現在運営しているサイトと補完ができる良いサイトがあれば、本当に買いますよ。

「利益も出ないし全然更新もしてないサイトだけど、1万円くらいになるかな?」

とか

「5千円で売ってくれるサイトはないかなあ?」

なんていう虫の良い条件での募集もOK。

当方、仲介料や登録料は一切貰いません。何を狙っているかって?自分自身が売買することです。何せ僕はこのサイト毎日見ていますから、一番に良い情報にありつける!もし、皆さんが利用してくれたら、の話ですが。