定額報酬広告を得るには

こんにちは。tanzan です。

とある企業から、月極めの広告掲載を受注しましたので、その話を書いてみたいと思います。

アフィリエイトはもちろん成果報酬。Google Adsense のようなクリック単価の付く広告でない限り、クリックされるだけでは報酬になりませんし、ましてや、ページに訪問してもらえるだけでは利益はゼロです。

一方、広告掲載は、「広告を掲載するだけ」で頂けるもの。契約期間の間はあらかじめ合意した、決まった額の報酬が頂けますから、アフィリエイターとしては…と言うか、アフィリエイトではありませんから、サイトのオーナーとしては、ありがたい話です。

実を言うと、同じサイトに2社からの申し込みがあり、先に成約した企業さんとの契約が終わってから、他社さんの広告を掲載する、ということにしました。これで、なんと1年分の広告が埋まりました。

それなりの専門知識のある人に依頼したコンテンツですから、ある程度のサイトの制作コストももちろんかかっていますが、頂ける予定の広告料の数ヶ月分、と言ったところでしょうか。

一年間広告掲載が決まった、ということは、初期投資分は完全に元を取って、お釣りがくる、ということです。

でも、もちろん質の高いサイトを作ったとしても、すぐに広告の依頼が来るわけではありません。

このサイトも、作ってから5年くらいは経過したでしょうか。その間にじわじわと検索結果で順位を上昇させ、とある業界の企業が押さえたいキーワードで、トップ近くをずっと維持できるようになりました。常にトップ周辺にいられるようになったのは、ここ1年くらいのことでしょうか。

こうなるまでの期間は、若干のアフィリエイト収入やAdsense収入は得られたものの、まとまった金額にはなかなかなっていませんでした。

ではこのサイト、更新したかと言うと、5年間で新しいページは2ページ位しか増えていません。つまり、情報量としてはほとんど増やしていないし、内容が新しい記事なんてない、ということ。ページのキーワードの修正(タイトル部分とか)は若干行いましたが、基本的には作った時のまま。

つまり、「常に更新しないと検索結果で順位が下がる」というのは、ブログならばその通りかもしれませんが、作り込んだサイトには必ずしも当てはまらない、ということ。

考えてみればわかりますが、平安時代に書かれた源氏物語の価値は、時代とともに下がったかと言うと…影響ないですよね。源氏物語はさすがに例としては極端かもしれませんが、きちんとした内容ならコンテンツが古くなることはあまりないし、価値を認める人が増えれば、SEO的にはナチュラル・リンクのようなものが増えれば、評価は徐々に高くなって行きます。

こうしたコンテンツを、「ある程度のサイズのパイがある業種」をテーマに作れば、広告収入を上げやすくなる、と言えます。

なぜ「ある程度」かと言うと、「相当パイが大きい」と大手の企業が手を出すし、逆に「パイが小さい」つまりニッチ過ぎると、広告主が現れない、ということになってしまうからです。

では「ある程度のサイズのパイがある業種」とは何か?旅行業を例にしましょう。以前僕のところでは「海外ホテル予約」のサイトをいくつか作って、そこそこの利益をあげていました。アフィリエイトでしたが、掲載していたのは海外のホテル業者。当時、日本の業者はまだほとんどネットでの海外ホテル予約をやっていませんでしたから。

でも今は、日本の業者、JTBも楽天もじゃらんも、みんな海外ホテル予約をやっていて、僕のサイトからの売り上げは限りなくゼロに近づいてしまいました。

では、海外旅行の亜種で「オーストラリア留学」はどうか?これ位になると、大手の旅行業者では「オーストラリア留学」をトップに持ってくるサイトはありません。業者としては、留学手続きの代行会社とか、そのような所が主流になってきます。業者が作るホームページの他は、留学経験者のブログくらいで、強力なライバルはいません。

狙い目ですねえ。オーストラリア留学で上位表示ができるサイトができれば、オーストラリア留学の手続き代行業者から「広告を出したい」と言って来るかもしれません。だってこのサイトへ来る人は「オーストラリア留学」で検索してくる人ですし、各業者にしてみれば、自分のところのサイトよりも上位に表示されるところは押さえておきたいはずですから。

実を言うと僕自身、オーストラリア留学関係のサイトは持っています。

でも、このオーストラリア留学サイト、アフィリエイト的には成功例ではありません。何故かと言うと、コンテンツの中身が「メルボルン大学」という特定の大学に絞られていて、パイとしては小さすぎるからです。メルボルン大学への日本人留学生は年間に10人とか、せいぜいが20人とかそれくらいですから…

では、このサイトのコンテンツを広い意味での「オーストラリア留学」に広げれば良いわけですが、残念ながらコンテンツを書ける人が周りにいない…というのが現状です。

小手先のSEOでなく、長期的に上位を維持するにはやはりコンテンツの質が重要です。やっつけ仕事でページを作ることは不可能ではありませんが、それでは既存のサイトになかなか太刀打ちできません。