コンサート インつま恋 1975

■ コンサート イン つま恋 1975 ■

こんにちは。tanzan です。

現在アフィリエイト以外の仕事で忙しく、休日の夜だというのに家族と離れて缶詰状態でコンピュータ画面に向かっています。いや、別に流行作家みたいにホテルに閉じこもって小説を書いているわけではないのですが。正直なところ「お金は要らないから、こんな仕事はしたくない!」という感じですね。

以前使っているサーバーが閉鎖になってサイトを移動させる、という話を書きました。使っていたサービスは poke1 というもので、6月30日に閉鎖になっています。

2契約していたので、それぞれを移転させるためにドメインを二つ取り、一つは前のサイトと同じページ構成(デザインは一部変更)のまま、もう一つは今流行のべたの HTML サイトだったものを XOOPS を使ってコミュニティ・サイト風にしたのですが、明暗が分かれました。

閉鎖される前、既に poke1 は状態が悪く、まともにページが表示されないこともあって、両サイトとも成績は落ちていたのですが。

報酬金額的には扱うものが違うので、片方が元々高かったのですが、そちらは最近アクセス数が回復し、過去最高を更新したのに対して、もう一方はドメイン移転でアクセスが落ち込んだまま、回復してきません。

落ち込んだままのほうは3あったページランクが2から回復しませんから、そのせいが大きいかもしれませんね。元々大してなかった外部からのリンクが切れてしまっているのが影響しているかもしれません。

このサイト、商品はアマゾンのCDが主力なんですが、最近アマゾン自体もだめなんです。かつては1日30商品くらい売れていたのが、最近は10商品くらい。うーん。検索エンジンのせいばかりではなく、消費者の動きも変わってきているのも知れませんね。

売れるからアマゾンにリンクを張ってきましたが、この際、クッキーの有効期間が長い他の店に張り替えようかなあ。アマゾンは24時間しか有効期間がないそうですから。

さて今回紹介するのはこれです。「コンサート イン つま恋 1975」このDVD、僕も買いました。そして、はい、ここが売り上げ回復しないサイトです。

「ああ、これか」
「なんじゃ?これ?」

反応は読者の世代によって違うかもしれませんね。多分今50代に入ったくらいの人にとっては感涙もの。それより若い人にとっては関係ないもの、でしょう。

僕はこのコンサート当時高校生でしたが、行くお金もなければ、全国的に「高校生行くべからず」という、あの頃らしいお達しが出て、コンサート会場の周辺では補導員もまわっていたとか。

いろいろな意味でまさに「伝説のコンサート」と言われているものです。最近ちょくちょく登場するようになったかぐや姫でしたが、実はこのコンサートの前に解散しており、コンサートのために再結成されました。

なぜこのDVDを今紹介するのかと言えば、関心のない人には関係がないのですが、9月23日に、同じ会場、同じメンバーでコンサートが再現されることになっているからです。

演奏するほうも歳をとったせいか、徹夜はせず、時間もかつての12時間ぶっ続けに比べれば短くなっていますが、それでも長丁場。NHKが後援しているらしくて、やたら宣伝しています。南こうせつとか、NHK好みですからね。当時は吉田拓郎なんて、決してNHKには出なかった…いや出してもらえなかったのでしょうが。

今度のコンサートのDVDが出たらもちろん買いますが、それにつられて昔のコンサートのDVDもまた売れるのではなかろうかと…。

当時の雰囲気を知る世代にはまさに感涙もの。そしてその世代は、今結構豊かな世代なのです。買っていただきましょう!

散逸していたフィルムからの再生で、画面も粗く、音も決して良いとは言えませんが、それがまたなんとなく時の流れを感じさせて、お父さん、お母さんは涙するのです。