楽天トラベル用アフィリエイトツール

■ 楽天トラベル用アフィリエイトツール ■

こんにちは。tanzan です。

前回お知らせした当社のTシャツが紹介されるという25日の番組ですが、番組制作会社の人が言っていた金曜日の午前1時というのは、どうも26日土曜日の午前1時のことのようです。どうやら金曜日の番組編成の中の午前1時という意味らしいですね。

こちらで確認を。エコラボです。
http://wwwz.fujitv.co.jp/variety/index.html

ところでこの記事読みましたか?
http://www.affiliateportal.net/ds/000893.html
「現在のドロップシッピング業界のトップクラスのドロップシッパーの売上が月に200万円程度、それから得る収益が40万円程度である」

だそうです。トップクラスのドロップシッパーの利益が月40万円程度!というのは「驚き」と書いてありますが、ドロップシッピングを試してみて、僕は驚きません。なにしろ自社デザインのTシャツ以外は売上げゼロです。

というのは、日本のドロップシッピングというのは、アフィリエイト並みにとっつきやすい反面、意外に難しいからです。

ドロップシッピングは元々は小売業者向けに考えられた仕組みのようです。つまり自分のところの看板で売る人が、在庫を持つリスクを減らす、という発想でしょうか。自分のところの看板のブランディングは自分の責任でやらなければならないわけです。それができていれば、利益になる、ということなのでしょう。

ところが日本のドロップシッピングは、どう見ても、アフィリエイトの延長です。しいて言えば自分で値段が付けられるアフィリエイト、でしょうか。

本来のドロップシッピングであれば、商品を販売すると「仕入れ」と「売上げ」が発生して、その差額がお店の利益です。

ところが日本のアフィリエイト風ドロップシッピングでは、「仕入れ」も「売上げ」もドロップシッパー(お店ではなく、ドロップシッパーという名称を付けているところで既に変ですよね)の側には発生せずに、「販売手数料」という扱いになるのではないかと思います。

それはともかくとして、なぜアフィリエイターには月に数百万円も稼ぐ人がいるのか?大きな理由の一つは「有名店に誘導している」からだと思います。

つまり「他人の店の看板で売っている」ということです。

ではドロップシッパーは?自分のお店風にしているか、あるいはドロップシッピングのサービスプロバイダーの販売システムに誘導しているかの違いはありますが、どちらも大した看板はありません。

そしてアフィリエイターは報酬額が決められない反面、報酬額をいちいち決めなくて良い、という側面もあります。商品データも提供されているケースも多いです。ということは、手間をかけずに有名店の多くの商品を紹介できる、ということです。

ではドロップシッピングに可能性はないのか?そうも思いません。アフィリエイトのような一見お気軽なドロップシッピングには大きなメリットはない、と思う反面、小売店が在庫を持たなくて良い、というドロップシッピングには大きな意味があると考えています。

またドロップシッピングは新しい形態のように思われがちですが、別にそうではありません。僕の父はBtoBですが、ここの所ずっと自分のところに在庫を置かない商売をしていました。それでも「仕入れ」と「売上げ」とが付く商売です。

そしてこちらのトンボ玉ショップを見てください。このショップ、商品は僕個人のコレクションです。そして販売しているのは僕が代表を務める会社です。在庫は僕が持っていて、会社は仕入れた在庫を持っていません。

これもドロップシッピングの一形態でしょう。これは一例ですが、何かもっと違う、アフィリエイトの延長ではないドロップシッピングがあるのではないかと思います。

以前に紹介した化粧液の舞姫。ついに報酬を受け取ることができました。僕のサイトからは一つも売れてないんですけど、全部2ティアの利益です。

1本9千円もする化粧液なんですけど、買う人もいるんですね。また、売っちゃう人もいるわけですからすごいですね。1本売ると報酬は3千円以上ですから、売れる人は頑張っちゃうでしょうね。僕はコスメ関係はとんとだめです。

売れたと言えば、ブランド物の腕時計。楽天から10万円台の時計が3つ売れていました。昔は百万円を超えるものも売れたことがありましたけど、最近はほとんど実績がなくなっていました。

先日紹介した楽天の高級腕時計を紹介するテンプレートを使った読者のどなたかのサイトから売れたのかもしれませんし、僕自身のサイトから売れたかもしれません。そのあたりはわかりません。

http://netshopowners.com/rakuten/watch/index.html

楽天ですから1%しか報酬が付きませんが、それでも10万円が3個で3千円。おいしいです。プレゼントシーズンでもない時に売れましたから、このまま、クリスマスまで持続してくれれば、この10倍は売れる!と考えるのは狸の皮算用というやつでしょうね。

さて今回紹介するのは、楽天トラベルへのリンクを作るツールです。

楽天トラベルは、元は旅の窓口という、老舗のオンライン宿予約サービスを楽天が買い取ったものです。

ここは登録している宿数は多分、最大級。ただし、登録してあるだけで実際には予約できない宿があったりするのは困りものですが。

それでも宿数が多いと、紹介できる品数が多いことですから、チャンスは増えます。他の宿予約サービスに比べると報酬の1%というのは見劣りしますが、アフィリエイトリンクは楽天の他のサービスと共通と思われますから、宿リンクを踏んだ人が楽天市場でお買い物をしてくれちゃっても成果になる…はず。

どのようなものかはこちらを見てください。

下の方に、地域名、宿へのリンク、そして宿の特徴が一覧表示されていると思います。この指定方法は以下です。メルマガで表示するために行換えを入れていますが、実際は一行に続けて書いてください。

削除

keyword= には検索するキーワードを設定します。宿名の一部、地域名などでヒットするようです。いろいろ試してみてください。

ken= 都道府県名をローマ字で入れます。gihu のようにハ行の音は f ではなく h を使って表記します。福島は hukushima で、fukushima ではありませんので注意。都道府県を指定しないと全国が対象になります。

hits= 表示する宿の数を指定します。無指定は20軒、最大で30軒までです。

affid= あなたの楽天アフィリエイトIDを入れてください。
devid= あなたのデベロッパーIDを入れてください。
この二つは http://webservice.rakuten.co.jp/ で確認できます。

code= にはあなたのホームページやブログの文字コードを入れてください。個人で作っているホームページの多くはSJIS、ブログだとEUC-JPが多いですが、UTF-8 を使っているサイトもたまにあります。無指定だとSJISになります。

以上。その内にもう少しホームページの解説も充実させて、質問掲示板なども設けます。

最後になりましたが、例によって10回に1回の割合で我が社のアフィリエイトIDが表示されます。皆さん稼がせて…いや、稼いでください!