クレジットカード

■ クレジットカード ■

こんにちは。tanzan です。

台風や地震などの災害が続いていますが、皆さんのところはどうでしょうか。被災された方には心からお見舞いを申し上げます。

我が家では、生まれて初めて沖縄へ行く予定がキャンセルになりましたが、台風の影響もあまりなく、ほっとしております。

前から準備を進めていました、アフィリエイトのためのWEB技術に関し、PHPを使ったURLの転送の方法を解説した情報商材を作りました。

元のサイトはこちらです。
http://web.netshopowners.com/urltenso.html

なぜ無料で教えずに出し惜しみをして販売するかって?

それは実際に販売しているツールのプログラムコードをほとんどそのまま使って解説しているからです。この情報を無料で提供すると、現在販売しているツールは売れなくなってしまいます。

ちなみにこの解説にはツール2本分のコードが書いてありますから、一般的な情報商材の広告なら「実際の半額で販売!」とか宣伝文句にするんでしょうね。

なおPHPが多少わかる人じゃないと、プログラムの解説を読んでもちんぷんかんぷんかと思いますので、全く知識がないという人は買わないでください。

実際に見ていただくと「たったこれだけ?!」と思われるかもしれません。

実は「たったそれだけ」でURL転送プログラムは書けてしまいます。

「たったこれだけの短いプログラムを千円で売っているの?」と思われるかもしれませんね。

楽天カードですが、実際に楽天での買い物に試してみたところ、噂どおり楽天スーパーポイントで支払った分にも2%のポイントが付きました。これは結構おいしいカードですね。

楽天で買い物を続ける限りは実質2%の割引が継続する、ということになります。アフィリエイトで楽天のポイントが多少ある人は、いずれにしろ楽天でポイントを使うことになるでしょうから、持っていて損はないです。

クレジットカードやポイント制もいろいろと調べてみましたが、結論としては特定のお店などで割引になるカードの方がお得な場合が多いと思います。

ポイントだと、クレジットカードで買い物をした金額の0.25%から、せいぜいが1%くらいしか付きませんが、特定のお店での買い物で割引になるカードだと、数%の割引というのはザラです。

クレジットカードの年会費が無料なら、よく利用するお店のカードは作らなくては損、ということになってクレジットカードの枚数が増え続けています。

もちろん調べたクレジットカードのポイント制も、サイトのコンテンツにしていますが、クレジットカード関係は競争が激しいので、まともな利益にはなりませんね。

それでも数ヶ月に一度、まぐれでカードに加入してくれる人がいたら、最低でも千円の報酬になりますから、良しとしましょう。

さて、クレジットカードのアフィリエイトで、カード名とか、「カード比較」とかでキーワード設定をしてサイトを作っても、新規参入ではほとんど利益に繋がる可能性はありません。

何しろ報酬単価が高いですから、強力なサイトが上位に蠢いています。コンテンツが良いサイトかどうか、というのはちょっと別なんですけどね。でも、クレジットカードのサイトは五万とありますから、良いサイトを作ったところで目立ちません。

では、まぐれで僕のサイトからクレジットカードの申し込みをしてくれる人はどのようなキーワードで来ているのか?データ数が多くないのであまり具体的なことは言えないのですが、どうもストレートなキーワードではないようです。

つまり「楽天カード」とかで検索している人ではない、ということですね。そして「クレジットカード比較」でもありません。

どうやら多いのは「クレジットカードの機能」を説明している部分へのヒットのようです。

例えばもうアフィリエイトをやめてしまってちょっと残念なイオンカードの場合、トイザラスとの提携カードがあります。このカードだと、特定の日にトイザラスでの買い物が割引になる、という特典があるのですが、この解説が時々ヒットしていたようです。

パターンとしてはこんな感じですね。「トイザラス」+「ジェフリーフライデー」。ちなみにジェフリーフライデーというのは、トイザラスカードでの割引が適用される日のことです。

つまり、クレジットカードを探している人を惹き付けるのではなくて、割引など、特定の機能を探している人を惹き付ける、というやり方です。

割引の日の情報を探していて、クレジットカードを持つと割引になることを知る、という感じでしょうか。

クレジットカードは現在非常に多くの数が出ています。企業との提携カードなどはそれこそ無数と言っても良いほど。そして多くのカードは、それぞれ差別化を図るために何らかの特徴を付けていることが多いのです。

例えば東海道・山陽新幹線の割引予約ができるExpressサービスを使おうとすると、JR東海かJR西日本系のクレジットカードが必要です。

残念ながらこのケースでも、現在クレジットカードのアフィリエイトはできないようですが、そういう時には Google Adsense でも貼り付けておけばOKです。その内アフィリエイトが開始されるようなことがあれば、アフィリエイトリンクをつければよいです。

このように考えると、オプションはかなり多いです。それでも大儲けはできないと思いますけどね。

さらに、クレジットカード以外でも、機能を切り口にすれば、アフィリエイトの幅は相当広がります。

例えば海外旅行保険。多くの保険は日本を出発して90日が保障の限度です。では仕事などで100日海外に出る人、短期の留学で半年海外に出る人はどうすれば良いのでしょうか?

そこにもまた切り口があります。条件に合う商品を探すのが大変ではありますが…。