サイトの価値を引き出す

■ サイトの価値を引き出す ■

こんにちは。tanzan です。

統計を見ていると、なんだか12月に入って、広告の表示回数そのものが減ってきているように思います。世界的な景気後退が影響を及ぼしているのか、それとも、Yahoo! の検索アルゴリズム変更によって、表示順位が落ちたのか、それはわかりませんが。

唯一頑張っているのは、前号でも紹介したキーワード二つの組み合わせによる集客がうまく行っているページですね。季節限定のキーワードなので、毎年この時期に頑張ってくれています。

このページのみで、どうやら今月の成果は5万円を超えそうです。でも「5万円キーワード」は、そんなにはないんですよね。このクラスが4つもあれば、それだけで20万円確保できるのですが。

■ アフィリエイト・ニュース・ピックアップ

前号は「ニュース・速報」にしていましたが、早速今回からは、「ニュース・ピックアップ」にコーナーのタイトルを変更しました。速報性よりも、僕が「これは!」と思うかどうかの方が重要ですから。

「ムームードメイン」独自ドメイン新規取得プログラムに、検索機能付きバナー登場。

「ムームードメイン」は僕も利用しているドメイン登録サービスです。自分で利用しても報酬が付く、というおいしさに加え、クリック報酬もあるので、サイトでずっと紹介しています。

今度、「ムームードメイン」の広告に、検索機能付きのバナーが加わりました。当たり前の話ですが、ドメインを取得する時には、必ず目的とするドメインが使われていないかどうかを調べるために、ドメイン取得サービスのサイトで検索をかけます。

このバナーを使えば、サイトまで送り込む手間なく、検索をかけてもらえますから、利用価値は大かと思います。それだけでクリック単価が付きますから。

「ムームードメイン」の検索機能付きバナーがあるのは A8.net です。

まだ検索機能付きバナーのサイズが限られているので利用しにくい面がありますが、今後もバナーの種類は増やしていくそうです。

読者の皆さんは、ホームページやブログをお持ちだと思いますが、開設した目的は何でしょうか?アフィリエイト?

もちろんアフィリエイト狙いで開設したサイトもあるでしょうね。もちろん僕のところにも沢山あります。先日もアフィリエイト狙いだけで、ドメインを一つとって新たなサイトをアップしたところです。今のところ、訪問者は1日一人という有様ですが。

以前、サイトのオーナーはパブリッシャーだ、という話を書きました。アメリカなどでは、アフィリエイト広告を掲載するサイト・オーナーはパブリッシャーと呼ばれていますが、これは、コンテンツを公表している人、という意味ですね。

この点が「アフィリエイト・パートナー」とか「アフィリエイター」と呼んでいる日本との大きな違いです。

パブリッシャーとアフィリエイターとの大きな違いは、アフィリエイターが、アフィリエイトしかオプションとしていないのに対し、パブリッシャーはサイトの価値を利用することによって、他のオプションをも利用できる、という点でしょう。

その意味で僕自身は「パブリッシャー」を目指しています。アフィリエイト専用サイトも、まだ今後作るとは思いますが、意識としてはパブリッシャーを目指す、ということですね。

パブリッシャーとして考える場合、自分のサイトの潜在的な価値をどのように引き出すか、という点がポイントになります。

手っ取り早く考えれば、サイトM&Aをやっている企業に査定してもらえば、サイトの現在価値は把握できるでしょう。基本的に「今、いくら稼いでいるか」がサイトの価値の判断基準になりますから。

でも、現在価値は潜在価値とは異なります。

例えば Yahoo! で「とんぼ玉」で検索してみてください。今やってみたら、僕のサイトがトップページに二つ表示されました。

第三位 「アフリカのとんぼ玉
第十三位 「とんぼ玉ショップ」(注:このサイトは閉鎖しました)

実は2006年7月から各サイトごとの収益の記録をつけているのですが、メインのサイトである「アフリカのとんぼ玉」のアフィリエイト収入は、約2年半の総計で54,000円。月平均だと1,800円。でも、アフィリエイトでこれ以上の収入アップはとても困難です。

これに対し、「とんぼ玉ショップ」の利益は、613,000円です。月平均だと、約2万円。

とんぼ玉ショップでは、ご覧になればわかりますが、本物のとんぼ玉を直接販売しています。でも商品写真を撮影したりが面倒なので、ここ1年ほとんど商品をアップしていません。

もったいないですね。Yahoo! に宣伝無しで1ページ目に表示されているショップに、商品をアップしていないのですから。これがもう少しシステマチックにできれば、利益はもっとあがることでしょう。つまり潜在価値は、もっと高い、ということですね。

次に「小論文」を Google と Yahoo! で検索してみてください。

小論文・レポートの書き方」というサイトが、Google ではなんとトップ、Yahoo! でも6位に表示されています。「小論文 書き方」で検索すれば、どちらでもトップです。

このサイトは、現在 Adsense とアフィリエイトしか収入がありませんが、平均月収は24,000円です。小論文に関連する高額報酬アフィリエイトなんて存在しないと思いますから、やはり、このままでは収入アップは望めません。

では、自分で小論文の添削サービスをするか、どこかで添削サービスを実施している企業と提携したら?狸の皮算用はしたくありませんが、収入はぐっとアップするでしょうね。

さて次はぐっとローカルに。「一宮 グルメ」で検索してみてください。一宮は我が社の所在地です。

いちのみやん」が Google で2位と3位。Yahoo! では5位と9位にランクされています。

ちなみにどちらもトップはマップが表示されてうざいですね。関係ないですが、よく見ると Google マップは愛知県の一宮、Yahoo! マップは香川県高松市の一宮です。

さて、特定の地名に「グルメ」を加えて検索すると、Google でマップの次に表示されるサイト。ご当地にある飲食店ならば、広告を出すとか、レビューをしてもらうとか、割引券を掲載するとか、してみたいと思わないでしょうか?ちなみに一宮は人口40万人の都市ですから、マーケットとしてもそこそこです。

ではもう一つやってみましょうか。次は「浴衣 着付け」で検索してみてください。キーワードの組み合わせがポイントですね。

浴衣の着付け」が Google でも Yahoo! でもトップ。Google の方は、大サービスで、なんと下位ページへのリンクまで表示されています。

このサイトも今までのところ、Adsense とアフィリエイト広告しか収入源がありません。どんな潜在的な能力があるかは、皆さん想像してみてください。

例として、僕の管理するサイトを4つ紹介しました。どこも「パブリッシャー」として、つまりはコンテンツが評価されて成功しているサイトです。

4つのサイトのアフィリエイト収入を足せば、良いお小遣いになるくらいの額はあります。でも、知らぬ間にそれ以上の潜在的価値が生まれているわけです。

ただし、こうした潜在価値を顕在化させようとすると、アフィリエイトとは違い、寝て待っているわけにはいきません。アフィリエイトが一種の虚業だとすれば、潜在的価値を現実の物とするためには、それなりに実際に何かをする、いわば実業をする必要が出てきます。

とんぼ玉の流通、小論文の添削、グルメ広告の営業、浴衣の着付?!などですね。もし何らかの形でそれらを実現できれば、潜在的価値が次第に現実のものとなってくるはずです。

ただ僕一人で論文の添削をしながら、浴衣の着付をする、なんていう芸当はできません。「誰かの助け」が必要になります。ですから実現性は、今後の課題ですね。

このメルマガのバックナンバーを掲載しているブログの、楽天市場の腕時計のページを見てください。(注:このページは削除される可能性があります)

うまく表示されていたら、3列に商品が並んでいるはずです。そして下のほうのリストボックスで表示するページを変えてみてください。

おおっ!ブログに表示されている商品が更新されました!

これはアフィリエイトWEBサービス・ツールを応用した、自作のガジェットのサンプルです。

<IFRAME>を使って、別のサーバーに置いたphpプログラムにパラメーターを渡し、アフィリエイトWEBサービス・ツールでデータを取得して表示しています。一部には JavaScript を使用しているので、ブラウザーで JavaScript の実行をとめてあると、ページの更新ができないかもしれません。

また<IFRAME>を禁止している楽天ブログなどでは利用できません。

多少の知識があれば、サイドメニュー用のガジェットなども、簡単に作ることができます。

アフィリエイト用のガジェットは、あちらこちらのショップやASPがばらばらに提供しています。アフィリエイトWEBサービス・ツールを使えば、統合したデザインで、簡単な設定変更だけで、多くのショップの商品を紹介できるようになります。

今回は、アフィリエイトWEBサービス・ツールを購入済みの方には、コードを無料でお配りします。ご希望の方は折り返し連絡ください。data.php call.php なども併せて更新しましたので、新バージョンもお送りします。

ただし、マニュアル等は付きませんので、使い方はコードを見たり、僕のブログのHTMLを見たりして、研究してください。

「アフィリエイトの達人」ホームーページ掲示板でのご質問には、できる限りお答えしたいと思います。