検索でビッグ・キーワードを狙う

■ ビッグ・キーワードを狙う ■

こんにちは。tanzan です。

PENTAX Optio W90 というデジカメを衝動買い…というか、まだ発売されていないので、衝動注文してしまいました。

何ができるかって?水深6メートルまでで撮影ができる。デジタル顕微鏡モードというのが付いていて、マクロ撮影ができる。しかも、近距離補助光というのがあって、自然な光でマクロ撮影ができる。

いやあ、アウトドア派をくすぐりますねえ。

さりげなく、こんなページも…

最近時々参考にしているのがこのサイト

Asahi.com がやっているアフィリエイトのショッピングコーナー。大企業がせこい稼ぎ方をして小規模サイトをいじめるな!と言いたい気もしますが、商品の選択などはなかなかのもの。時々うっかり購入したくなります。

そういう商品は、もちろん自分のサイトでも紹介。記事さえぱくらなければ大丈夫。大手サイトもせいぜい利用してあげましょう。

Twitter 早速読者の方何人かからフォローしていただきました。メルマガは基本的には一方通行で、どなたが読者かわかりません。でも、Twitter は双方向なので、読者の方がわかる!これはちょっと新鮮でした。

まあ、それはインターネット上での人の行動パターンが変わってきている、ということでもありますから、基本的に10年前のビジネスモデルである旧来のアフィリエイトの比重が下がってくる、これはもう仕方のないことですね。

僕のアフィリエイトの稼ぎの大部分は、いわゆるロング・テールを使って生み出しています。具体的には本の書名であったり、宿名であったり、そう言った、数多い商品名のどれかが検索で引っかかって訪問者を確保する、というやり方ですね。

以前にも書きましたが、僕のサイトは旅行に強く、宿予約などで大きな利益を出していました。「いました」と過去形なのは、ずいぶん落ち込んでしまってきているからです。

何しろ大手の旅行予約サイトでもSEOが進み、宿名でもPPC広告などを出されていますから、とてもではないですが弱小アフィリエイト・サイトでは太刀打ちができなくなってきました。もう、ロング・テールというより落ち穂拾い状態ですね。

ところが、そうした中でも売り上げが落ちないサイトやコーナーがあることに気がつきました。売り上げが落ちない、と言っても、元々さほど多額の報酬を挙げているわけではありません。だから今まで気がつかなかった、ということでもあります。

売り上げが落ちていないコーナーの訪問者の使ったキーワードを調べてみると、意外や意外、ショップ名とか、いわゆるビッグ・キーワードを拾っているのです。

もちろん、そんなキーワードで僕のサイトが検索結果のトップにいるわけではありません。万が一トップにいたら「うはうは状態」になっているはずです。

順位は下の方ですが、それでも検索をかける人が多いせいか、多少下位表示のサイトにも流れてきている、ということでしょうか。それとも、何かの拍子に上位に表示されることがあるのでしょうか。そのあたりのことは詳しくはわかりませんが、とにかく、ビッグなキーワードで多少なりとも収益が出ているのです。

そこで試しに Google で DELL をキーワードに検索をかけてみると、ほとんどがDELLの公式サイト一色の検索上位の中に二つほどアフィリエイト・サイトが。

え?Google さん。アフィリエイトは大嫌いだったはずじゃないの?

と思うのですが、でも、Google でアフィリエイト・サイトがビッグ・キーワードで上位に表示されていることもある!

もちろん DELL で上位表示されているサイトは、アフィリエイトとは言ってもオリジナル・コンテンツの情報量は半端じゃありません。僕には DELL でこれだけの情報を作ることはできません。

これだけのビッグ・キーワードで上位表示、しかも「読んでみたい」と思わせるオリジナルのコンテンツがあるとなると、売り上げは相当なものでしょう。僕のささやかなビッグ・キーワードの利益とは、下手をしたらゼロが二つくらい違うはずです。

でも重要なことは、アフィリエイト・サイトでも戦い方はあるということ。

ポイントはいくつかあります。DELL のアフィリエイト・サイトがヒントをくれています。

ご存知のように DELL は直販が主体の会社。もちろんネット直販が主ですから、ネットで調べる人が多いはず。

しかも、DELL をネットで売るショップが仮にあったとしても、DELL の直販サイトに勝てるとは思っていないでしょう。つまり、DELL 以外に DELL というキーワードで勝負しているショップは限られているということ。

これが東芝やNEC、ソニーとなると話は違います。各メーカーの直販ショップもある上に、無数の有力ショップやショッピングモールがひしめきあいます。東芝、NEC、ソニーなどは商品のカテゴリーも無数にありますから、DELL のように検索をかける人はPCが欲しい、とは限りません。

要するに、DELL というキーワードは、ビッグ・キーワードの中でも、比較的戦いやすいキーワードだ、ということですね。

以前僕のところで大ヒットしていたビッグ・キーワードに「トイザラス」「つくも電機」というのがあります。この二つ、今はまったくだめになってしまったのですが、その理由は「1ページで勝負していたから」でしょう。

DELL とこの二つのショップが共通する点は?ショップ名だということです。

トイザラスという商品を売っているお店はありませんが、おもちゃを欲しい人は「トイザラス」のサイトを探します。

トイザラスという商品を売っていない、ということは、他のショップはトイザラスというキーワードで勝負しない、ということを意味します。つくも電機も同様ですね。

だから比較的競争が少なく、検索エンジンの能力が低かった時には、僕のサイトの1ページしかない紹介コーナーでも、検索結果の上位に食い込み、そこそこの成果を得られた、ということでしょう。

アホだった僕は、せっかくのチャンスを生かせず、そのまま放置したために、検索結果の奈落の底へ沈んでいったわけです。

その頃気付いて、トイザラスを紹介するページではなく、サイトでも作っておけば、かれこれ10年も経っていますから、かなり老舗でそこそこ上位に表示されるアフィリエイト・サイトができていた可能性はかなりあると思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行人:tanzan
URL:http://aff.banabana.com(解除もここ)
I D:0000142925 (まぐまぐ):00175708 (melma!)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━