カーペンター図

■ カーペンター図 ■

こんにちは。tanzan です。クリスマス・年末商戦の成果はいかがでしょうか?

2004/12/02 号で12月は Bidders で売上100万を目指す、と書きましたが、なんと12月14日に達成してしまいました。ただそこからがさほど伸びていませんので、200万はちょっと無理かなあ、という状況です。

何が売れているかって?数の上ではどうやらやはりクリスマスケーキですね。12月22日現在、「クリスマスケーキ」の検索で、僕のページはまだ Google 検索の1ページ目に表示されています。このページ、YAHOO にまったく無視されてしまうのが悔しいところです。

ちなみに「クリスマスケーキ」と、とある別のキーワードを組合わせると、また別のページが YAHOO のページ検索1ページ目に表示されます。でも YAHOO はカテゴリーが優先されているので、あまり効果はありませんが。

ページランクの高いページのトップに広告を貼る、という方法をとりましたが、やはり結構効果がありますね。今回はページランク4のページを使いましたが、次回は5のページを使ってみようかな。

■ 大工の図面?

今回取り上げるのはカーペンター図です。と言っても、大工さんが使う図面のことではありません。音楽のカーペンターズです。

なぜ「カーペンター図」と書くかって?それは僕のコンピュータだとこう変換されてしまうからです。

アフィリエイト本を読みまくっている人なら「あれ?あの話かな?」とぴんと来たかもしれません。そうです。「検索文字の間違い」の話です。

検索文字の間違いには「カーペンター図」のような、変換の時の間違いもありますし、また間違って覚えている、あるいはうろ覚えのまま間違った文字で検索してしまう、という時もあります。

僕自身検索をかけるときに変換が間違っているのに、ろくに確認せずにボタンをクリックしてしまって「ア!しまった!」と思うことがたびたびありますから、世の中のそそっかしい人たちを網にかけるには良い手段です。

つまり、タイトルタグの中に「カーペンター図」というキーワードを設定しておくわけですね。さすがにビートルズだと、誤変換されないようですが。

このほかにも「カーペンターズ’」なんていうのもいけるかも。

わかりにくいですが最後に「’」が付いています。なぜか?確定キーの隣にあるキーなので間違えて押すことがあるのです。これはアクセス解析の結果を見ていて気が付きました。ただ、試してみたのですが、この間違いをする人は非常に少ないです…

■ さいじょうひでき

次に狙うのが、間違って覚えられているケースですね。

例えば「さいじょうひでき」。往年のアイドルスターですが、さてその名前は?

「西城秀樹」「西條秀樹」「西条秀樹」

結構間違った漢字のままホームページを作ってしまっている人もいたりします。多分そうした人の多くは自分が間違っていることに気が付いていないのでしょうね。

僕らはそうした「間違いやすい名称」を狙っていけば、そこそこ利益につなげることができます。

どれくらい利益になるかって?

某ショップの一字間違いのキーワードを設定していたことがあるのですが、全期間合わせると20万円くらいにはなったでしょうか。最近どうやらその店が気が付いて,間違った字でもそのお店にヒットするようになってしまったのでだめになりましたが。

実を言うと僕自身がずっと間違って覚えていて、ある時自分で検索をかけてみて、本家本元のサイトが表示されなくて、はじめて自分の間違いに気が付いたのです。それ以降は確信犯的に間違いのままにしてありましたが。

ショップ名の間違いを狙う時は、できる限り大手の有名ショップが良いです。検索をかけている人が多いですから、間違う人もその分多くなります。試していませんが、例えば「東急ハンド」とか。さすがにこれはだめか。

一方某歌手の名前は正しいものと間違ったものと2ページをわざと仕掛けておきました。そうしたら、とある掲示板で「間違っているサイト」として取り上げられてしまい、一挙にアクセスが増えてしまったことがあります。全然売上には繋がりませんでしたけど。この掲示板の主催者は僕が「わざとやっている」とは考えもしなかったでしょうね。

もう一つは「うろ覚え」で検索をかけるケースです。

「えーと、フリースを売っているのはユニクロだったかユニロクだったか、どっちだったけな?」

■ ユニクロ

いまどきユニクロを間違える人がいるのかどうかは知りませんし、さすがに「ユニロク」なんて間違える人はいないと思いますが、似ているけれど間違っている文字の組合せで検索をかけるケースがかなりあります。漢字が自信がなくて?ひらがなで検索したりとか。その読みが間違っていたり。

ですから、誰かが間違っていることを言っていたり、自分が勘違いしていたものがあったら、実はそれはチャンスなのです。友達が何か間違えて覚えていたら、馬鹿にせずにお礼を言いましょう。

ゴキブリと一緒で、その友だちのように間違えている人が、一匹いたら20匹はいる…

そして、本家本元は、間違った店名や商品名を書く、なんていう恥ずかしいことはしませんから、うまく行けば間違った文字で検索している人を一網打尽にすることができます。

あとは外国語の読みの問題。商品名や店名で、アルファベットが基本になっているものは数多くあります。その読み方を間違えている例ですね。

例えばVをどう訳しているか、というのも大きなポイントです。

Vivian というのがあるとして、正式には「ヴィヴィアン」とされていても、耳で聞いて覚えている人なら「ビビアン」で検索してくる可能性が大です。

■ 今日のピックアップ

「クリスマスコレクション」カーペンターズ

78年の『クリスマス・ポートレイト』と84年の『オールド・ファッションド・クリスマス』という2枚のアルバムをあわせたCD2枚組み。今注文してもクリスマスまでに配送が間に合うかどうかは微妙なところですが…。