まねっこサイト

■ まねっこサイト ■

こんにちは。tanzan です。

今日各ASPの報酬が振り込まれましたが…「減ったなあ」というのが正直な感想。5月振り込み、ということは2、3月くらいの成果ですが、このころがどん底。来月はわずかに上向き…のはず。

アフィリエイト以外の仕事の原資としても考えているので、そちらが伸びてくるまでは、アフィリエイト報酬も何とか落ちずに持ってほしいもの。

電脳卸や Bidders の商品リンクを作るツールを市販してほしい、というリクエストがいくつか来ています。現在 LivedoorDepart 用のツールも開発中ですので、これができたら、公開するための準備をして、ご希望の方には販売しようかと思います。

現在アフィリエイト講座の準備を進めていて、ツールの作成がなかなか進みませんので、しばらくお待ちください。

でも、面倒なんですよね。販売の管理。料金を払うと勝手にダウンロードできる、というサービスはないかな。手数料20%くらいなら払うので。

その「アフィリエイト超入門講座」ですが、こちらに情報があります。

http://www.hitonomori.com/aff_lec.html#biggier

今のところの申込みはすでに面識がある人たちばかり…。まあ広報に力を入れていないせいもありますが。

東京で高い参加費をとって行われているセミナーとはずいぶん違い、アットホームな会場で、人数限定8名のみ。会話が成立する程度の人数ですね。

会場は三八屋といいますが、僕の友人が町おこしに力を入れていて、その一環として日替わりのお店が開かれる、非常にユニークな空間です。

とは言っても愛知県一宮市ですから、ほとんどの読者の方には「そりゃどこだ?!」の世界でしょうけど。名古屋近郊の方、午後10時解散ですから、終電にも余裕で間に合いますよ。会場は駅から遠くありませんから。

でも、これから始めたい、という、本当の初心者が対象ですから、経験者の方にはお勧めできません。

■ オリジナリティは必要か?

では本題。

僕が購読しているメルマガ「007名古屋商法」に面白いことが書いてありました。

下手に「自分なりのオリジナル」を出そうするから失敗するのです。
「良いとこ取り」をしたつもりが、良いとこだとは限りません。
オリジナル性を出そうとするから行動できないのです。

マネをするなら徹底的にマネをする。今の世の中オリジナルなんてありません。

これ、アフィリエイトにも言えるかも知れませんね。アフィリエイト本やアフィリエイト関係のメルマガを読むと「同じことをやってもだめ」「オリジナリティを」と繰り返し書かれています。

言わんとするところは理解できるのですが、でもそう言われると多くの人は「うーん。どうしよう」と考え込んで先に進めなくなっちゃう。

僕自身は他人のサイトをほとんど参考にしませんから、サイトの構成とか商品選択はオリジナルかもしれません。でも、商品の情報とかは、マーチャント・サイトを参考にしているか、ひどい時はそのまま書いてあるだけ。多くのページでは、オリジナリティはほぼ、ゼロです。

「そんなサイトが必要なのか!!!」

とお叱りを受けそうですが、別に良いと思っています。全然気にしません。

というのは、基本的に多くのショップは同じ商品を同じような値段で売って競争しているからです。

「オリジナリティ」を言うのであれば、実はショップも同じこと。WEB上にある商品を扱っているショップはひとつあれば、事足りてしまうはず。家電とか、書籍とか、サプリメントとか、売っているショップは無数にありますが、サイトデザインはユニークでも商品は同じ、機能も同じです。それでもショップがひとつだけになった、という話は聞いたことがありません。

なぜでしょうね?

■ アフィリエイトのあるべき姿?

「自分で試してみて、自分の言葉で書くのがアフィリエイトの基本では?」

これも必ずしも僕はそうは思いません。

というのは、やはりすべてのショップの店員さんたちが、すべての商品を試しているとは思えないからです。

そう言いきっておいてなんですが、実際には、本とかは、コンテンツがしっかりしたページで勧めているものが、僕のサイトからでも良く売れます。

つまり、確かに自分が試してみて「お勧め!」と書けるものは売れやすいのです。これは間違いがないと思います。ちなみに僕自身のアフィリエイトは、専門分野の本の紹介から始まりました。当時は(多分現在でも)非常にユニークなコンテンツだと思います。

また僕のホームページは複数ありますが、現在でも、アフィリエイトで物を売るために作ったのではない、コンテンツを見せるためのサイトだけでも、多分読者のほとんどの方よりもページの量・情報量は多いと思います。

では、よく売れる、と言って、この部分からの売上げがいかほどになるか?

お小遣いとしてはそこそこです。でも、実は、今のように会社を運営して、二人分の給料を払って、というには到底足りません。多くの売上げは「オリジナリティに乏しいページ」からあがっています。

つまり、アフィリエイトで起業していくためには、オリジナルな説明を書けるものだけおいていては不足するのです。紹介できるのは量的に限界がありますから。ですから、普通のお店と同様、さほど詳しくなくても、商品を増やして売っていくことが必要になってきます。

要は、アフィリエイトと一言で言っても、お小遣いを目指すのか、副業なのか、会社で複数の人間が食えるようにするのか、ではかなり異なったアプローチを取らざるをえない、ということでしょう。

スーパーアフィリエイターと呼ばれる人たちのサイトを調べてみてください。そこには集客のための工夫はありますが、商品情報そのものにはオリジナリティはほとんどないはずです。実際には数千、数万の商品を紹介しているケースが多いので、オリジナリティを出すのは不可能ですから。

もちろん「そこまでする気はない」「そこまでしたくない」「楽しんでページが作れる程度でよい」という方も多いでしょうけど、それはそれでよいのでは。

答はひとつではないし、「べき論」はないのです。

■ e-onkyo オンキョーサイバーショップ

LinkShareで提携できるサイトに、Onkyo があります。その名のとおり音響関係の製品、スピーカーやホームシアターなどで定評のある会社です。

ではこのサイト、僕の作ったサイトを見てください。

ここで使われているデータ、特に商品の説明は、onkyo がアフィリエイター用に公開しているデータファイルから取得したもの。それを例によってアフィプレート(http://deserveit.jp/link.php?id=affiplate )に入れただけで、オリジナルなものはひとつもありません。我が家には onkyo 製品はひとつもないですし。皆さんの家に、ありますか?

実はこのサイト、3時間くらいで作りました。こんな技はデータファイルが公開されているケースでしか使えません。

「こんなオリジナリティーのないサイトから売れるの?」

onkyo のサイトは作ったばかりなのでわかりませんが、他のオリジナリティーのないサイトの例ですと、あまり売れません。同じくらいのページ数の別商品を紹介しているサイトから売れるのは、月に3点とか…。onkyo は1ページだけ別のサイト内に作ってありましたが、今まで売れたのはたったの1度…。

「それじゃやる価値ないじゃん!」

果たしてそうでしょうか。

一度だけ売れた onkyo の報酬は900円でした。ページ数が増えたので、これが月に平均で1800円の収入になったとしましょう。1年で21600円。サイト制作にかけた時間は…そう、3時間でした。ということは、時間はかかるものの、時給換算だと7000円!

このサイトを作るのに2週間かけたら、それは確かに「やる価値がない」となっても仕方ありませんが。

多くの人は単純に「たくさん儲ける」つまり「金額を上げる」ことを考えがちですが、本当は、それでは収入は頭打ちです。時間単価が低いままだと、自分の時間には限界がありますから、多くの場合、意図に反して収入もなかなか上昇しません。

スーパーアフィリエイトへの道は、実は「効率を上げる」ことなのです。これは確かあびるさんも本に書いていましたっけ。時間をやりくりするよりも、同じ時間で多くのことができるアイデアを考え出す、あるいはスキルを身につける方が、改善の余地は大きいだろうと思います。

■ onkyo のアフィリエイトリンクをまとめて作る方法

それでは効率を上げる方法のひとつ、LinkShare で公開されている商品情報ファイルから一度にリンクコードを作る方法です。前振りが長かったですが、 e-onkyo はそのためのサンプルです。

「tanzan さん、自分のサイトの商品と競合するんじゃないですか?」

その可能性は大ですね。以前カニを売っているサイトを紹介したときには、あびるさんまでそこと提携されてしまいましたから。あまりなかった売上げが、ほとんどなくなってしまいました。e-onkyo も同じかもしれませんね。

それはともかく、まず、当たり前のことながら、e-onkyo と提携してくださいね。LinkShare です。

提携できたら、商品情報のCSVファイルをゲットします。これは e-onkyo サイトの広報メールで知らされたものです。

「でもこのままじゃアフィリエイト用のリンクになってない!」

そのとおり。これを商品リンクに加工する必要があります。商品リンクビルダーで一商品ずつリンクを作っていては面倒すぎます。ここでは「上級者用」ツールを使います。

LinkShare に入り、「リンクの作成」を選び、e-onkyo を選択します。商品リンクを作るツールである、リンクビルダーに入ると、左側のメニュー部分に「上級者用:複数の商品リンクのコードを一括で生成する場合は、こちらをクリックしてください。」

とあります。そう、これを使うのです。

まず準備しなくてはいけないのは、商品リンクに変換したい商品URLの一覧表をテキストファイルにしたものです。

テキストファイルの構成は1行に1商品のURL。ファイル名は .txt にする必要があります。

まずダウンロードしてきた eonkyo.csv を Excel などで開きます。そして商品URLの書かれた行だけを選択してコピー、そしてそれをテキストエディターを開いて博士のページにペーストします。一行1URLになっているのを確認して、適当な名前を付けてセーブします。たとえば eonkyo.txt とか。

ファイル名が.csv のままだとうまく行かないようです。1行の中に商品URL以外のものが含まれていてはいけません。

このテキストファイルをリンクビルダーの上級者用ツールで指定して、変換してやります。できるのは Excel 形式の表です。この表をコピーして、元の csv ファイルの商品URLの上に上書きすれば、商品名、商品リンク、画像URLなどが一行に揃ったファイルが出来上がります。

あとは必要に応じてこの行を加工すればOK。

もちろん僕みたいに、一度に多くのページに加工しなくても、自分に必要な商品だけの情報を取り出すにも重宝します。

■ 今日のピックアップ

久しぶりに今日のピックアップです。

アナキンスカイウォーカーEP3版FXライトセイバー

「何それ?」

と思われた方も下のリンクをどうぞ。

そう、スターウォーズの中でチャンバラ?に使われている刀?です。2万円位しますからおもちゃとしては高いですが、スターウォーズのファンなら手に入れたい逸品です。

ちなみにこれは予約商品です。