大丸

■ 大丸 ■

こんにちは。tanzan です。

特にブログの初心者の方は、何がSPAMや迷惑行為に該当するか、ということをご存じない場合が多いようですので説明しておきます。

まずトラックバックを付ける時は、自分のブログに関連した情報が掲載されていることが必須です。できればトラックバックを送るサイトの紹介やリンクを掲載するのが良いと思います。

関連情報などがないままトラックバックを送りますと、訪問者は探してもいない情報を読まされる羽目になりますので、マナー違反となります。

マナー違反を注意すると

「迷惑だったら消せば良いじゃないか」

と開き直る人が時々いますが、僕の時間はただではありません。余計な手間を取らせることになりますから、立派な営業妨害。

SPAM行為は、自分のブログサイトの宣伝目的でトラックバックを送信することです。多くの場合、不特定多数のサイトに対して送られます。SPAM行為と認定されると、多くの場合ASPとの提携が解除され、それまで貯まっていた報酬もすべて没収となります。再契約もできなくなります。

ASP各社とも、最近はこのような迷惑行為には目を光らせていますからご注意!通報があれば即契約解除、というケースが多いようです。

また検索エンジンも、ページランクを上げるため、被リンク数を増やすためだけに行われるトラックバックを最近はチェックしているようです。またブログのサイトによっては、トラックバックを検索エンジンがたどらないような設定にしているところも出てきているそうです。

皆さんもくれぐれも、自分のサイトへの誘導だけを考えたトラックバックの使用はやめてくださいね。

話を戻して、なぜ急にブログに移したのか?

今までは自分のサイトの充実を図るために自分のサイトにバックナンバーを掲載していましたが、やはり更新が面倒なのと、普通のWEBページでは読者の方からのコメントなどが直接聞けないためです。

ご自分のブログにコメントを書かれてトラックバックしてもらえれば、多分一番気楽な方法でコメントをしていただけるかと思います。

■ お中元は大丸でしょう

さて、アフィリエイトを実施している各社はそろそろお中元商戦に入ってきています。ギフトの品揃えも充実してきていますし、専用の広告も出してきています。

そこで取り上げたいのが大丸です。大丸との提携は LinkShare です。

ではなぜ高島屋ではなくて大丸なのか?いや、実際には高島屋でもいいんですよ。やはり LinkShare にありますし(現在はValueCommerce)。

今回の紹介先として大丸を選んだのは、非常にユニークな、検索結果ページへのリンクが作れるからです。

この機能、アマゾンや楽天市場、Bidders などは備えているのですが、ASPを経由して提携する個別のマーチャントでは非常に珍しいです。

実際には、ホームページに検索機能を備えたマーチャントであれば、検索結果へのリンクを作ってしまうことは可能だと思いますが、LinkShare の多くのマーチャントは「商品リンクのリンク先は商品ページに限る」というような注書きをつけています。ですから検索結果へのリンクを作ることは違反になってしまいます。

そしてこの大丸の検索結果リンク、一度何らかのキーワードを設定して作ってしまうと、リンクコードのキーワード部分を書き換えるだけで機能してしまいます。つまり、いちいち LinkShare にログインしてコードを生成しなくても、一回取得しておけば他のキーワードでも使い回しが簡単にできる、ということ。

これは省力化を考えると大きいですね。

しかも、キーワードを検索結果のURLに埋め込む方法は、多くの場合エンコードといいますが、普通の文字コードから変換した特殊なものを使います。

たとえばワインをエンコードすると楽天市場の場合だと「%a5%ef%a5%a4%a5%f3」アマゾンの場合だと「%83%8F%83%43%83%93」となります。これでは普通の人は簡単に作れません。つまり、楽天やアマゾンでは、検索結果へのリンクを作るためには、それぞれのサイトで実際に検索をかけてみないとできない、ということになります。

ところが、大丸へのアフィリエイト・リンクは「ワイン」とそのまま書いてしまえばOKなのです。この部分を「ネクタイ」に変えるなり、「ハム」に変えるなり(なぜハムをよくギフトに使うんでしょうねえ?)すればよいので非常に簡単です。

ただし Shift JIS 以外のコードで作ったホームページではこのまま機能するかどうかは定かではありませんが。