autla

■ autla ■

こんにちは。tanzan です。

8月に東京でセミナーをやります。と言っても、アフィリエイト関係ではありません。アフィリエイト関係のものも企画しようかとも考えましたが、忙しくてそこまで準備できないので今回は見送ることにしました。

複数の顔を持つアフィリエイター、tanzan の仕事のひとつは、これです。

近頃オーバーチュアで遊んでいます。いえ、キーワードを調べるだけでなく、広告費を払って試しているのです。

効果は…今のところ完全な赤字ですね。アフィリエイトは利益が薄いですから、工夫しないと広告費を払っていては利益が出ません。とりあえずホームページの広報のつもりで、負担にならない程度で試しています。

1クリックで10円くらいかかりますから、訪問から購入に繋がる率が1%だと仮定すると、1回の販売で千円以上利益が出る商品を売らないことには黒字にはなりません。実際には1%も行かないことが多いですから難しいですね。

■ 構造を考える

みなさんワープロは何をお使いですか?え?ホームページ・ビルダーしか使わないって?

確かにまとまった量の文章を書く人でない限りはワープロは必要ないかもしれませんね。

僕自身は本や論文を書くこともあるので、ワープロは手放せません。

使っているのはマイクロソフト・ワードです。昔一太郎を試したこともありましたが、やめてしまいました。

それは、一太郎のあるバージョンから、とある機能が使えなくなってしまったからです。それ以降触っていないので、その機能が復活しているかどうか、というのは知りません。

ワードの方はその機能はしっかり残されているどころか、かなり使いやすいものに仕上がってきています。

その機能とは…アウトライン機能です。

これがどういうものかと言うと、大見出し、小見出し、などの見出しや、それに付随する段落を管理するためのツールです。

と書いても、実際に使わないとピンと来ないかもしれませんね。

ワードを使われている人ならスタイルというものがあり、見出し1とか段落とかの指定ができることをご存知かと思います。これを単なる見ばえ、文字のフォーマットのことだと思っている人も多いですが、実はそうではありません。

ワードで適当な文章を作り、見出し1、見出し2、段落、などいろいろなスタイルを指定してから、「アウトライン表示」という表示方法を選んでみてください。

現れるのは…構造です。

つまり見出し1の下に見出し2があり、その下に段落があり、というように文章の構成が一目でわかるのです。さらに、この表示モードだと、見出し1を2に下げたり、2を1に上げたりとかも1クリックでできてしまいます。

段落の1行目だけを表示させる、という機能もあります。これはよく構成を考えられた文章では、段落のトップにトピックセンテンスが来るためです。

トピックセンテンスというのが何か、と、書き始めるとそれだけで紙面が終わってしまいますからこれ以上は書きませんが。

興味のある方は小論文の書き方をどうぞ。tanzan のもうひとつの顔?!です。

アメリカ製のワープロであるワードにはアウトライン機能があり、日本製の一太郎にはないのは、彼我の違いだと思っています。

そこでHTMLを見ると…ありますねえ。H1 H2 そして P なんていうタグ。

これ、ワードの見出し1、見出し2、段落に対応するもので、本来HTMLも文章を構造化することを意識して作られているのです。歴史的にはHTMLも大学で論文を意識して作られたものですから。

そして Google は H1 タグや、ページの最初の方に出てくる言葉を重視します。SEOに興味のある人なら知っているかと思いますが。そう、トップに来る文章はトピックセンテンスなんです。

正しい論文の作法を身につければSEOになる!かも知れませんね。

■ サイトの構造化

ワード、HTML、Google と文章の構造化の話はこれくらい。

アフィリエイト…だけでなく、普通の?!サイトを作るにも重要なのはサイトの構造化です。

たとえばトップページがあって、カテゴリーわけがあって、さらに下位のカテゴリーがあって、商品ページがあって、というように、良いサイトはきれいに構造が作られています。

このような構造があると、作るのも管理も容易になります。

じゃあ、ワードのアウトライン機能を使えば、サイトの構造化ができるか、と言うとそうは行きません。

ワードのアウトライン機能は一つの文章の中の構造化で、これを複数のページに自動的に分ける、という機能は装備されていません。

では、ページを構造化できるワープロはないか、と言えば…知りません。

僕が使っているのは、本当に欲しい機能とはちょっと違いますが、autla というソフトです。

http://www.vector.co.jp/soft/win95/writing/se091053.html

無料のソフトですが、構造化された文章を作るのは非常に簡単。とても便利です。

このソフトのすごいところは、構造化された文章をHTMLとして出力できるところ。残念ながらトップページにインデントされた一覧表の形でリンクされていて、構造どおりのリンクができないのですが、でもここまでできるソフトは他には知りません。

コンテンツだけこのソフトで構造を考えて作っておいて、HTML化し、それにテンプレートを組み合わせれば、かなり簡単によく構造を練ったサイトができあがります。

autla のHTML出力には癖もあって、見出しだけで段落が書かれていないとトップページに見出しが入るだけで、独立したHTML文にならない、というところもあります。

それでも慣れれば、非常に便利なツールですからお試しあれ。