リストラを実施中

■ リストラを実施中 ■

こんにちは。tanzan です。

相変わらず「情報商材を売ってくれ」の依頼がうざいですね。特にしつこいのは「東大生がうんちゃらアフィリエイト」というやつ。今まで何度もメールを送りつけて来ているのに、毎回「tanzan さん、初めまして」と書いてあります。

同報メールを使っていて、誰に送っているのかもわかっていないのがまる分かりですね。これで商材の信用性をどう確保するのでしょうか。

もういい加減、信頼性の低い情報商材に高い値を付け、高額報酬で釣ってアフィリエイターに売らせ、一攫千金を狙う、なんていうやり方は、やめましょう。

アフィリエイトで継続して利益を出せる人はその方が有利ですから、何も情報を公開してまでネタをばらそうとは思いません。一時の利益のためにライバルを増やしても意味がないですから。

情報商材と称してアフィリエイトのノウハウを売るのは、仮に詐欺でなかったとしても、「自分はもう要らなくなったから」でしょう。

「tanzan さんも不要になった情報ばかり公開しているんじゃないの?」

ご心配なく。30以上ものサイトを運営して、15以上のサイトを Yahoo! カテゴリーに登録して、5年以上の歴史のあるサイトも10以上。ノウハウを公開しても、これだけの厚みを作るのは容易ではないはず。

僕のところでは、毎日誰かが数時間はWEBの更新を行っていますし、毎週のように新しいページを加えています。このような生活を、もう5年以上続けています。

東急ハンズのハンズネットは ValueCommerce でアフィリエイトを実施していました。僕自身、月に数件程度の売り上げがあったのですが、7月の始めに ValueCommerce から「ハンズネットのアフィリエイトが7月31日で休止されます」という通知が来ました。

「あちゃー!ちょっと痛いな。」と思っていたら…

7月31日にリンクシェアから来たメールを見ると、「8月1日、ハンズネットのアフィリエイト開始」。

うーん。かなりASPの間でも熾烈な顧客獲得競争があるようですね。

でも7月31日に通知が来て、8月1日にすぐに広告を切り替えるのは困難ですよ。バナーはともかく、商品リンクが作ってありますから。

月の変わりでぴったりとASPを替える理由はなんでしょうね?ASPに支払う1か月分の基本手数料をケチるため?でも東急ハンズのような大手がそんなけち臭いことするかなあ。

土壇場になっての発表だったところを見ると、直前まで内密にしておきたい理由でもあったのでしょうか。

さらに、リンクシェアでは、上新電機のアフィリエイトが7月31日で休止になりました。これもちょっと手痛いですね。他のASPに移った形跡もありませんし。しかたがないのでとりあえず楽天市場の上新電機にリンクを付け替えてごまかしておきました。

リンクシェアのクロスオーバーサーチ。機能していない、と7月に通知したら「障害がありました。回復しました。」と翌日連絡が来ました。

でも、リンクシェアのサイトのどこにも障害のお詫びも掲載されていません。どうやら、クロスオーバーサーチの設定ミスがあったのではなかろうかと疑っています。

クロスオーバーサーチを利用するにはプログラミングが必要ですし、ユーザーが少なくて気がついていなかったのが真相ではなかろうかと疑っています。

ユーザーが少ないとは言え、公開されている機能ですから、トラブルがあったら公表するのが企業コンプライアンスというものだと思うのですがねえ。

僕は、何か「機能してないぞ」と思うことがあったら、なるべく早くASPに問い合わせるようにしています。「自分に何か問題があるのかなあ」と思うよりも先に、問合せをする方が早いです。ASPのシステムに問題がないのであれば、改めてこちらの問題を精査すれば良いですから。

今も ValueCommerce のウェブサービスのデータを更新していないマーチャントに関し、問合せを投げているところです。

最近、経費節約のためにレンタルサーバーのリストラを開始しました。レンタルサーバーの契約をまとめて、経費を下げているのです。

今まで僕のところでは、1ドメインに対し、レンタルサーバーの契約を1つずつ独立して割り振ってきていました。

元々、レンタルサーバーの契約の多くが、1契約に対し1ドメインしか利用できなかったのが一番大きな理由です。他の理由としては、1ドメイン1サーバー契約だと、「公開しよう」と考えた時に簡単に契約や設定ができる、ということがありました。

でも気がついてみると、僕のところのサーバー契約はいつしか30弱にも及び、経費もバカにならなくなってきました。

そうこうしている内、最近になって、僕が利用しているチカッパというレンタルサーバーが、マルチドメインに対応しました。1契約で、最高5つのドメインを割り振ることができるサービスです。

独立した契約だと月額525円のところが、ドメインを他のサーバー契約に付け加える形にすると、210円で済みます。

「たった315円の差じゃないですか」

と思われるかもしれません。でも僕のところでリストラによる統合を考えているドメインは今のところ10個。これだけで

315円X10=3150円

月額3150円の節約です。さらにこれを年額に直すと

3150円X12=37800円

これが5年間続くと189000円。バカにならない額ですよね。

最近のレンタルサーバーは、ディスク容量が500メガとか1ギガありますから、よほど動画などを使っていない限りは、複数のサイトを置くくらいの余裕は十分あるのです。

でもサーバーはリストラできますが、ドメインのリストラは容易ではありません。

確かにサイトによっては利益がほとんどゼロ、つまりは赤字のところもかなりあります。しかし、ドメインを手放すことは、滅多にやりません。それどころか、これを書いている最中にも新しいドメインを二つ導入したくらいです。

リストラ対象にしたドメインは過去に1個だけありましたが、サイトを作っておらず、今後も作る予定がなくなってしまったものです。

他にも使用を中止したドメインがひとつありますが、いつか復活の日を狙って保管してあります。

いったん作ったオリジナルドメインのサイトは、しばらく時間が経てば訪問者の多寡にかかわらず、検索エンジンには認識されています。そのような場合、ある日突然訪問者が増えることもあります。あるいは、少しずつ手を加えることによって、徐々に改善していくこともあります。

将来、あるサイトがどのようになるかを予測することは困難です。しかし、サイトを残しておかない限り、チャンスは決して来ません。要は宝くじと同じで、買っておかないと当たらないわけです。

一方のレンタルサーバーは、ドメインほどの重要性はありません。そこそこの容量と機能があれば事足ります。替えることも容易です。

僕らが作るようなサイトは、大規模な商用サイトと違って、大きなデータベースと連結した大きなアプリケーションを動かすわけではありません。ですから、容量も機能もそこそこであれば良いのです。

昔の格安サーバーは結構粗悪なものもありましたが、現在では、多少の料金を払えば結構使えるサーバーを借りることができます。

特にブログなどと違った、昔ながらの静的なページがほとんどを占めるのであれば、高機能なサーバーは必要ありません。

従って、使用中のサーバーはリストラの対象になるけど、使用中のドメインはリストラの対象にしないわけです。

具体的なサーバーのリストラ方法は簡単です。

使用中の独自ドメインをいったん停止し、サーバーとの関係を絶ちます。この時には当然、サイトは表示されなくなり、エラーが表示されてしまいます。

そして、あらかじめ新しく使用するサーバーの上に、元のサイトのコピーをアップロードして置きます。

元のサイトが表示されなくなった状態で、新しいサーバーに元のドメインを割り振ります。そしてしばらく待てばOK。

このサーバー切り替えには数時間程度かかることがありますし、場合によってはもっとかかることもあるようです。

サーバーの会社が異なる場合には、ドメイン管理の画面に入って、設定の変更を行う必要もあり、その場合はさらに時間がかかります。

従って、移動させるのは、訪問者があまり来ないサイトということになります。訪問者が非常に多いサイトでは、表示されない時間があればそれが機会損失に繋がります。また、データベースなどを使っているサイトは、データの移転にとても手間がかかりますから、僕は原則的に移動させません。

サーバー移動を行うのは、比較的規模の小さい、訪問者が少ないサイトを優先することになります。

また、注意点としては、ドメインの利用を休止してから、新しいサーバーに割り当てるまでに、しばらく間をおかないといけないことです。

これは僕が利用しているチカッパ!だけのことかもしれませんが、ドメインをあるサーバーと切り離し、すぐ続けて新しいサーバーに割り付けると、操作上ではうまく行っているように見えても、実際には新しいサーバー上のドメインが認識されないという症状が発生するのです。

そのような症状が出た場合には、いったんドメインの割付をやめます。そして数時間置いた後に再度割付を行うと、正常に認識されるようになるようです。

パブリッシャーになろう

■ パブリッシャーになろう ■

こんにちは。tanzan です。

リンクシェアのクロスオーバーサーチですが、申し込みページが消えていました。「どうなってるんじゃい」と思って問合せしたら、「申し込み無しで使えるようになりました」とのこと。

それはありがたいですが、申し込みが不要になったという通知、ありましたっけ?保存してあるメールを検索してもわかりませんでした。

そしてリンクシェアのサイトをあちらこちら調べましたが、申し込みが不要になった、という変更の記述はありませんでした。探し方が悪いのかもしれませんが、すぐにわかるようにしておいてもらわないと困りますよね。

さらに、言われたとおり申し込み無しで使おうとすると、検索ができない…。使いにくいお問合せ画面からお問合せを送りましたが、各ASPはリレーションシップ・マネージャーでも置いた方が良いんじゃないですかねえ。

Google のページランク(PR)に久しぶりの更新がありました。高ければそれだけでちょっと嬉しい気がしますね。

僕のところでは、10サイトあまりでPRのアップがありました。最近、辛口の点数ばかりつけていた Google ですが、ここに来て大盤振る舞いですね。

「PRとSEOとの関係は薄くなってきたのでは?」

確かにそうで、PRが2から3になったからと言って、訪問者が急増しているわけではないです。

でも、作ってから相当時間が経っているにもかかわらず、PRが0あるいはPRが付かないサイトには Google からの訪問者はほとんどありません。つまり、Google から嫌われていないかどうか、という指標にはなっている気がします。

アフィリエイト広告を掲載する人を、日本語ではアフィリエイターと呼ぶのが習慣化しています。典型的な和製英語なのでしょうけど、この呼び名、大きな誤解を引き起こしているように思います。

では英語の本場?であるアメリカで、アフィリエイターはどのように呼ばれているかと調べてみると、どうも「パブリッシャー」が一般的なようです。

ではパブリッシャーとはどういう意味か?もちろん「パブリッシュする人」ですが、パブリッシュとは何か?

パブリッシュはよく使われるのは書籍などの「出版する」ですが、意味としては「発表する」「公開する」というニュアンスを持っています。

ネット上だと、何らかのコンテンツを掲載するメディアであるWEBサイト、ブログ、メルマガなどをパブリッシュする人がパブリッシャーですね。

つまり、「コンテンツを発表する」パブリッシャーは、アフィリエイト広告の有無にかかわらず、パブリッシャーとして成り立つわけです。何しろ、パブリッシャーという言葉自体が、コンテンツを主眼に使われている言葉で、広告主眼の言葉ではありませんから。

これに対して日本で使われる「アフィリエイター」あるいは「アフィリエイト・パートナー」は、あくまでもアフィリエイト広告を掲載する人、という観点からの呼び名になっています。

ここでは、コンテンツの有無は問われていないわけです。

発表するコンテンツがなくてはパブリッシャーとは呼べないでしょうから、広告誌か掲載していない日本の多くのアフィリエイターは、パブリッシャーにはなりえません。

逆に言えば、パブリッシャーという自覚を求めることなく、アフィリエイトがプロモートされたゆえに、コンテンツが軽視される日本のアフィリエイトが形成されてきた、と言えるのかもしれません。

そこで提案するのが、まあ、いつも言っていることではありますが、アフィリエイターではなく、パブリッシャーになることを目指そう、ということです。

典型的なパブリッシャーである、出版社から少し考えて見ましょう。

出版社では、コンテンツ、つまり本を自分で書くでしょうか?まあ、そのような編集者や経営者が皆無とは思いませんが、主な仕事は、コンテンツを探し出して「パブリッシュすること」です。

つまり「ライター」や「フォトグラファー」あるいは「漫画家」のような、クリエイターではなく、あくまで「世に出す」部分の戦略を練って稼ぎを得ています。

これに対し、このメルマガ読者の皆さんほとんどが該当すると思いますが、皆さんは自分でコンテンツを書き、それをWEBやメルマガに掲載して集客。そこへ広告を貼り付ける、ということをしていると思います。

つまり、ライターでもあり、パブリッシャーでもあります。ライターというのは誰でもなれるわけでなく、個人が作成できるコンテンツには限界がありますから、サイトのコンテンツを増やすのは容易ではありません。すぐに限界が来てしまいます。サイトを粗製乱造しても、思うような成果はほとんどの場合、得られません。

逆に、コンテンツを持っていながら、それを発表するすべを知らない人、あるいは、発表するつもりがない人は世の中に大勢います。

もし、自分のライターとしての能力に限界を感じているのであれば、パブリッシャーに徹したらどうでしょうか。つまり、自分でコンテンツを作り出すことはやめてしまう。その代わり、他人が持っているコンテンツを掘り起こして発表する役割に徹する。

例えば僕のところで管理しているサイトだと、依頼して書いてもらったコンテンツがあるサイトは10箇所くらいあります。ほとんど書いてもらったコンテンツしかないサイトもあれば、一部を分担してもらったところもあります。

そして、僕のところでは、ほとんど原稿料やコンテンツの作成料として、対価を支払ってコンテンツを作ってもらっています。

その中には、まだ芽が出ていない赤字のサイトもありますが、人気が出て投資額を既に取り戻したところもあります。

このやり方をすると、普通の出版となんら変わりがない、ということに気がつきます。

僕の役割はコンテンツを企画したり、探し出したりして、執筆を依頼します。そしてその原稿を買い取ります。雑誌の編集部が原稿を買うようなものですね。

そして、それをWEBで発表(パブリッシュ)します。雑誌を発行するようなものですね。雑誌の利益構造の大きな部分は広告の掲載ですが、WEBでのパブリッシュも全く同じ。アフィリエイトやその他の広告からの収入です。

人気のブログは人気の週刊誌のようなもの。僕のところのように固定したサイトを特定のテーマで作るのは、不定期に出されるムックのようなものでしょうか。

いずれにしろ、自分は「パブリッシャーである」という自覚を持てば、何をすべきかがおのずと見えてくるのではないでしょうか。

マーチャンダイザーとクロスオーバーサーチ

■ マーチャンダイザーとクロスオーバーサーチ ■

こんにちは。tanzan です。

「アフィリエイトWEBサービス・ツール」に fujisan.co.jp を追加しました。雑誌のバックナンバーの検索ができます。

自分では、とりあえず作っては見たものの、さて?どこで利用しようか、という状況なんですけどもね。

さらに楽天市場と ValueCommerce 用のモジュールの無料ダウンロードを開始しました。これらは両社の規約により、販売が禁止されているものです。

ただし、これらは楽天市場と ValueCommerce のWEBサービスを呼び出すルーチンだけしか含まれておりませんので、単独では動作しません。「アフィリエイトWEBサービス・ツール」では、メインテナンスの利便性を考え、各サービスを呼び出すルーチンをそれぞれ独立させた仕様になっているからです。

「アフィリエイトWEBサービス・ツール」の購入者でなくてもダウンロードはできます。コードの勉強用として見てみたい方はご自由にどうぞ。

前にもちょっと紹介したオリジナルTシャツ

そんなにバカ売れはしてくれませんが、ここのところ毎週のように僅かずつ売れています。

他のデザイナーさんの作品を見てみると、凄く凝ったものもありますが、我が社はもっとシンプルなデザインで勝負。中にはクワガタムシをスキャンしただけのものとか、僕がお絵かきソフトで10分くらいで仕上げたものとかもあります。

「そんなもの、誰が買う!」

と思うでしょ?ところが稀にいるんですよ。買う人が。

ちなみにスキャナーにかけたオオクワガタのTシャツは2枚売れました。カキ氷を撮影したTシャツも売れました。ヤモリも売れました。売れると、結構はまりますよ。

ちなみに個人で月10万円以上Tシャツを売り上げている人もいれば、法人だと、100万円以上売り上げているところもあるそうです。Tシャツ1枚2千円だとして、5百枚ですね。ちなみに当社の売上げは1万円くらい…。

今回の話題は「マーチャンダイザーとクロスオーバーサーチ」です。ちょっと詳しい人向けの話になりますので、わからない人は呼び飛ばしてください。

この二つはリンクシェアが提供している商品データ提供サービスで、基本的には同じデータです。

マーチャンダイザーが表形式に格納されたファイルをダウンロードして利用するのに対し、クロスオーバーサーチは、検索キーワードを設定して呼び出して使います。

つまりマーチャンダイザーは、アフィリエイターが特定のショップの全データを手に入れて、手元のファイルから情報を抽出してWEBに掲載するのに対し、クロスオーバーサーチは手元にファイルを置くことなく、リアルタイムに情報を手に入れて表示するのが違いです。

元が同じデータであれば、この二つ、同じように使えるように思いますが、実はそうではありません。

一番大きな違いは、クロスオーバーサーチの検索対象が限られている点です。

クロスオーバーサーチでは、主カテゴリ名は検索対象になっても、サブカテゴリ名は検索対象になっていません。

つまり、「浴衣」というキーワードでクロスオーバーサーチを利用した場合、商品名や説明文の中に「浴衣」という語がある商品は返って来ますが、「浴衣」という言葉が入っているサブカテゴリの商品は、返ってくるとは限らないのです。

主カテゴリ名は「レディス」とか、かなり大きな区切りになっている場合がほとんどなので、実際には検索対象としてはあまり使い勝手が良くないのです。

逆に言うと、あるお店の「浴衣」というサブカテゴリの全商品を表示したくても、クロスオーバーサーチではそのような検索ができませんから、「浴衣」サブカテゴリにある商品が把握できない、ということになります。

この機能がなくて困るのは、自分のサイトでもカテゴリによる階層を持ったページを作ろうとしたときです。マーチャンダイザーでは、特定のカテゴリの商品を抽出するのが簡単ですが、クロスオーバーサーチでは、それができません。

マーチャンダイザーのデータは、データ更新が行われるたびにダウンロードしてきて、自分のWEBサイトに反映させなくてはなりません。

クロスオーバーサーチを使えばすべてが自動化できて、その手間がなくなるかと思ったらそうは行きませんでした。

ただマーチャンダイザーの場合、商品が多いお店のデータだと、ファイルのサイズが10メガ以上にもなります。これを処理するのは面倒ですし、そのままアップするわけにも行きません。

僕のところでは、大きなファイルは余分なデータを削り、さらに分割してサーバーに上げているのですが、これでもかなり面倒です。

そこで「できないかなあ」と考えたのが、マーチャンダイザーのデータを大きく削り、商品IDとか、商品名、カテゴリ名だけにしてしまう。こうすればファイルサイズはかなり小さくなるはず。

そして詳細が必要なページでだけ、クロスオーバーサーチを使って商品説明などを呼び出して表示する、という方法です。

ところが、そうは簡単には行きませんでした。

クロスオーバーサーチの仕組みでは、商品IDを検索キーワードに使うことができないからです。商品IDがキーワードに使えれば、特定の商品の詳細な情報を得られますが、クロスオーバーサーチでは、そのような使い方ができません。

商品名をキーワードにすると、同じキーワードを含む複数の商品がヒットしてしまう可能性があり、欲しい情報だけに絞ることが困難だからです。

うーん。なかなか一筋縄には行きません。