ISBN番号で複数書店へリンク

■ ISBN番号で複数書店へリンク ■

こんにちは。tanzan です。

2日続けての発行ですね。随分久しぶりです。

「アフィリエイトWEBサービス・ツール」に LinkShare のマーチャンダイザー を追加しました。

マーチャンダイザーはWEBサービスではなく、ファイルによるデータの提供です。従って、自分でデータを取得して必要ならば加工、さらにサーバーにアップロードしておく必要があります。

インフォカートで販売中のマーチャンダイザー用ツールとは若干仕様が異なっており、検索するフィールドは商品名など、特定のフィールドを一つだけ指定するようになっています。これは他のモジュールとの互換性を優先したためです。

雑誌のFujisan.co.jpのアフィリエイトが ValueCommerce で開始されましたね。でも、見てみたら、ValueCommerce 経由での報酬は5%。Fujisan.co.jp と直接提携した場合の報酬は、5−10%ですから、直接提携の方が率は良いです。

さらに ValueCommerce 経由だとマイリンクなどが使えません。商品ページへのリンクが作れませんから、WEBサービスまで使える直接提携に比べると、やはり不利です。

ただ、難しいのは雑誌は単価が安く、送料とかも考えると簡単には売れないこと。

となると、最低支払額2800円には容易に到達しない可能性が大。ValueCommerce であれば、他のショップの報酬と合計で1000円に達すれば支払ってもらえますから、その点は有利です。

人によって判断は分かれるところかもしれませんが、僕は、高報酬狙いの直接提携で行こうと思っています。

覚えておられる読者の方はほとんどいないと思いますが、2007/04/17号で、書籍のISBN番号を使ったアフィリエイトリンクの作り方に少し触れたことがありました。

一体どんなことかと言うと、百聞は一見にしかず。こちらを見てください。

これは「アフィリエイトWEBサービス・ツール」を使って表示しています。モジュールはアマゾンです。でも、リンクがある書店は、アマゾン 楽天ブックス 紀伊國屋書店 セブンアンドワイ boople bk1 livedoorブックスと、計7ヶ所。

実はこれらはすべて書籍についているISBN番号を使ってリンクを作り出しています。

ISBN番号は現在では13桁のものが使われていますが、ここで使っているのは旧ISBN番号で、10桁のものです。

なぜかと言うと、アマゾンで売られている書籍類の商品コードが10桁のISBN番号そのものだからです。

アマゾン用のモジュールは、キーワードで検索すると、書名などと一緒に10桁のISBN番号も返してくれます。

それをテンプレートにうまく使えば良いという寸法。

例えば紀伊国屋書店。紀伊国屋の書籍の紹介ページのURLは以下のようになっています。

http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-ISBN=4766409698

ご覧になってわかるように、最後にあるのがISBN番号そのものです。ですから、この部分だけを変えてやれば、どんな本のリンクでも作れてしまいます。

そして紀伊国屋は ValueCommerce 経由で提携して、マイリンクが作れますから、一つだけマイリンク用のリンクに変換して、あとはISBN番号のところだけ変えてやればOK。どんな本へのアフィリエイトリンクでも作れる、という寸法です。

ISBN番号は、アマゾンのWEBサービスを使えば取得できますから、それを紀伊国屋用のリンクに埋め込めばOK。

他の書店も同じような感じで、各書籍の紹介ページか、あるいはISBN番号を使った検索結果ページのURLにISBN番号そのものを含んでいます。

ですから、紀伊国屋のケースと同様、ISBN番号のところだけ入れ替えてやればあっという間にアフィリエイト・リンクの出来上がり。

「アフィリエイトWEBサービス・ツール」では、テンプレートの中に各書店へのリンクを記述して、ISBN番号のところだけ入れ替え用に $itemid というようにしておくだけ。チョー簡単です。紀伊国屋の例だと

http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-ISBN=$itemid

ですね。もちろんこれはアフィリエイトじゃなくて、直接リンクになっていますが。

こうした発展性と省力化を、同時に狙ってツールをコツコツと開発しているわけです。

ただしこのやり方を使うには、二つの条件が必要です。

一つは、URLにISBN番号が含まれること。もう一つは、商品リンクや検索結果へのリンクが作れることです。

アフィリエイトを実施している書店は上記7つ以外にもあるのですが、こうした条件を満たしていないケースも多いのです。

マーチャンダイザーとクロスオーバーサーチ

■ マーチャンダイザーとクロスオーバーサーチ ■

こんにちは。tanzan です。

「アフィリエイトWEBサービス・ツール」に fujisan.co.jp を追加しました。雑誌のバックナンバーの検索ができます。

自分では、とりあえず作っては見たものの、さて?どこで利用しようか、という状況なんですけどもね。

さらに楽天市場と ValueCommerce 用のモジュールの無料ダウンロードを開始しました。これらは両社の規約により、販売が禁止されているものです。

ただし、これらは楽天市場と ValueCommerce のWEBサービスを呼び出すルーチンだけしか含まれておりませんので、単独では動作しません。「アフィリエイトWEBサービス・ツール」では、メインテナンスの利便性を考え、各サービスを呼び出すルーチンをそれぞれ独立させた仕様になっているからです。

「アフィリエイトWEBサービス・ツール」の購入者でなくてもダウンロードはできます。コードの勉強用として見てみたい方はご自由にどうぞ。

前にもちょっと紹介したオリジナルTシャツ

そんなにバカ売れはしてくれませんが、ここのところ毎週のように僅かずつ売れています。

他のデザイナーさんの作品を見てみると、凄く凝ったものもありますが、我が社はもっとシンプルなデザインで勝負。中にはクワガタムシをスキャンしただけのものとか、僕がお絵かきソフトで10分くらいで仕上げたものとかもあります。

「そんなもの、誰が買う!」

と思うでしょ?ところが稀にいるんですよ。買う人が。

ちなみにスキャナーにかけたオオクワガタのTシャツは2枚売れました。カキ氷を撮影したTシャツも売れました。ヤモリも売れました。売れると、結構はまりますよ。

ちなみに個人で月10万円以上Tシャツを売り上げている人もいれば、法人だと、100万円以上売り上げているところもあるそうです。Tシャツ1枚2千円だとして、5百枚ですね。ちなみに当社の売上げは1万円くらい…。

今回の話題は「マーチャンダイザーとクロスオーバーサーチ」です。ちょっと詳しい人向けの話になりますので、わからない人は呼び飛ばしてください。

この二つはリンクシェアが提供している商品データ提供サービスで、基本的には同じデータです。

マーチャンダイザーが表形式に格納されたファイルをダウンロードして利用するのに対し、クロスオーバーサーチは、検索キーワードを設定して呼び出して使います。

つまりマーチャンダイザーは、アフィリエイターが特定のショップの全データを手に入れて、手元のファイルから情報を抽出してWEBに掲載するのに対し、クロスオーバーサーチは手元にファイルを置くことなく、リアルタイムに情報を手に入れて表示するのが違いです。

元が同じデータであれば、この二つ、同じように使えるように思いますが、実はそうではありません。

一番大きな違いは、クロスオーバーサーチの検索対象が限られている点です。

クロスオーバーサーチでは、主カテゴリ名は検索対象になっても、サブカテゴリ名は検索対象になっていません。

つまり、「浴衣」というキーワードでクロスオーバーサーチを利用した場合、商品名や説明文の中に「浴衣」という語がある商品は返って来ますが、「浴衣」という言葉が入っているサブカテゴリの商品は、返ってくるとは限らないのです。

主カテゴリ名は「レディス」とか、かなり大きな区切りになっている場合がほとんどなので、実際には検索対象としてはあまり使い勝手が良くないのです。

逆に言うと、あるお店の「浴衣」というサブカテゴリの全商品を表示したくても、クロスオーバーサーチではそのような検索ができませんから、「浴衣」サブカテゴリにある商品が把握できない、ということになります。

この機能がなくて困るのは、自分のサイトでもカテゴリによる階層を持ったページを作ろうとしたときです。マーチャンダイザーでは、特定のカテゴリの商品を抽出するのが簡単ですが、クロスオーバーサーチでは、それができません。

マーチャンダイザーのデータは、データ更新が行われるたびにダウンロードしてきて、自分のWEBサイトに反映させなくてはなりません。

クロスオーバーサーチを使えばすべてが自動化できて、その手間がなくなるかと思ったらそうは行きませんでした。

ただマーチャンダイザーの場合、商品が多いお店のデータだと、ファイルのサイズが10メガ以上にもなります。これを処理するのは面倒ですし、そのままアップするわけにも行きません。

僕のところでは、大きなファイルは余分なデータを削り、さらに分割してサーバーに上げているのですが、これでもかなり面倒です。

そこで「できないかなあ」と考えたのが、マーチャンダイザーのデータを大きく削り、商品IDとか、商品名、カテゴリ名だけにしてしまう。こうすればファイルサイズはかなり小さくなるはず。

そして詳細が必要なページでだけ、クロスオーバーサーチを使って商品説明などを呼び出して表示する、という方法です。

ところが、そうは簡単には行きませんでした。

クロスオーバーサーチの仕組みでは、商品IDを検索キーワードに使うことができないからです。商品IDがキーワードに使えれば、特定の商品の詳細な情報を得られますが、クロスオーバーサーチでは、そのような使い方ができません。

商品名をキーワードにすると、同じキーワードを含む複数の商品がヒットしてしまう可能性があり、欲しい情報だけに絞ることが困難だからです。

うーん。なかなか一筋縄には行きません。